iTunesに保存している音楽をiPhoneに同期する方法

ばくてい

Follow @iMobie_Inc

iOS&Androidデバイスの愛好者として、デバイスの使用をもっと便利にする裏技について色々書いています。

今回は、パソコンのiTunesに保存してある音楽をiPhoneに同期する方法について紹介していきます。その他、iPhoneからiTunesに音楽の転送方法も提供します。

最終更新日:2020年10月26日

購入したCDなどをWindowsやMacなどのパソコンのiTunesに入れて、音楽を楽しんでいる方は多いと思います。その中で、パソコンのiTunesに保存してある音楽をiPhoneで聴きたいと感じたことがある方は多いのではないでしょうか。実は、USBケーブルを利用すれば、iTunesとiPhoneの音楽を簡単に同期することができます。今回は、その方法について、詳しくまとめたので解説していきましょう。

iTunesに音楽を保存する方法

まず、iTunes自体に音楽を保存する方法が分からない方のために、iTunesに音楽を入れる方法について紹介します。iTunes Storeで購入する以外にも、iTunesに音楽を保存することができる方法があるので、まとめて見ていきましょう。パソコンにiTunesをインストールしていない方は先にこちらのリンクでダウンロードしてインストールしてください。

iTunes Storeで購入する

iTunesに音楽を保存する最も一般的な方法は、iTunes Storeで購入する方法です。パソコンでiTunesアプリを起動し、iTunes Storeへ移動してオンラインで曲を購入することができます。もちろん、iPhoneを利用してiTunes Storeで購入することも可能です。

CDから音楽をインポートする

パソコンを利用すれば、自分で購入したCDからiTunesに音楽をインポートすることも可能です。まず、パソコンでiTunesアプリを起動して、パソコンにCDを挿入します。CDを挿入すると、インポートするかどうかの確認画面が表示されるので、「はい」を選択しましょう。

そうすると、「ファイル形式」や「音質」についての設定画面が表示されます。設定が完了したら、「OK」をクリックしましょう。これで、インポートが実行されます。インポートしたい全ての音楽に「チェックマーク」が付いたら、インポート完了です。インポートが完了したら、画面右上の「取り出し」アイコンをクリックして、CDを取り出しましょう。

①インポート確認画面が表示されるので「はい」を選択します。

①インポート確認画面が表示されるので「はい」を選択します。

②インポートが完了すると、「チェックマーク」が表示されます。

②インポートが完了すると、「チェックマーク」が表示されます。

③インポートが完了したら、画面右上の「取り出し」アイコンをクリックします。

③インポートが完了したら、画面右上の「取り出し」アイコンをクリックします。

パソコン内に存在する音楽ファイルを追加する

作成済みの音楽ファイルをiTunesに保存することも可能です。iTunesアプリを起動して、音楽ファイルをiTunesにドラッグ&ドロップすることで、ミュージックライブラリに追加することができます。

また、iTunes画面左上の「ファイル」から「ファイルをライブラリに追加」をクリックして、指定の音楽ファイルを選択しても、同様にライブラリに曲を追加することができます。

iTunesの音楽をiPhoneに同期する方法

ここまで、iTunesに音楽を保存する方法を紹介してきました。続いて、iTunesの音楽をiPhoneに同期する方法を説明していきます。まず、パソコンでiTunesアプリを起動しましょう。次に、パソコンとiPhoneをUSBケーブルで接続します。そうすると、画面左上に「iPhone」アイコンが表示されるので、クリックしましょう。

続いて、画面左部の設定欄から「ミュージック」を選択して、「ミュージックを同期」にチェックを入れます。ミュージックライブラリ内の全ての音楽を同期する場合は、「ミュージックライブラリ全体」にチェックしましょう。その後、「適用」をクリックすると、同期が開始されます。

同期が完了したら、「iPhone」の横の「取り出し」アイコンをクリックして、USBケーブルを外しましょう。これで、iPhoneの「ミュージック」アプリで同期した曲を再生することが可能になります。

①画面左上の「iPhone」アイコンをクリックします。

①画面左上の「iPhone」アイコンをクリックします。

②設定から「ミュージックを同期」にチェックします。

②設定から「ミュージックを同期」にチェックします。

③「適用」をクリックすると、同期が開始します。

③「適用」をクリックすると、同期が開始します。

④同期が完了したら、「取り出し」アイコンをクリックします。

④同期が完了したら、「取り出し」アイコンをクリックします。

追加Tip: iPhoneの音楽をiTunesに同期する方法

iTunesで音楽をiPhoneに同期することはできますが、逆にiPhoneの音楽をiTunesに同期して保存したいならできません。それでは、もしiPhoneからiTunesにミュージックデータを転送したい場合に、どうすればよいのでしょうか?ここで、iPhone/iPad/iPod向け専用のデータ管理ソフト – AnyTransをおすすめします。以下はオススメ理由です:

権威コメント:

“AnyTrans4 – 手の痒いところまで届くiPhone管理ツール!AnyTransなら大事な音楽データやアプリのデータをエクスポートする事が出来ます。”

“転送は比較的速いです。大容量の動画の転送もでき、好きな映画などをiOSデバイスで楽しみたい場合などに便利です。”

“「AnyTrans」という名前のアプリで、Mac版とWindows版があります。出来ることはiTunesと被る部分もありますが、より細かなところまで手が届くのが特徴です。”

しかも、このソフトは無料試用版と有料版が用意されています。使い方もシンプルで分かりやすく、まずは無料試用版をダウンロードして体験してみると良いかと思います。

無料ダウンロード(Win版) Windows全般で動作可能 無料ダウンロード(Mac版) Mac全般で動作可能

無料体験ウイルス検査済み

AnyTransをダウンロードしてから、次の利用手順に従って操作してください。

Step 1: AnyTransを起動してお使いのiPhoneをパソコンと接続します。

- もしお使いのiPhoneがAnyTransで認識されない不具合が出たら、こちらの対策をご参考ください:AnyTransでお使いのiPhoneが認識されない時に何をすべきか?>

- AnyTransのダウンロード・インストール・起動・設定などに不明な点がありましたら、AnyTransの使い方をご参考ください。

Step 2: メインインターフェイスで「iTunesへ」をクリックします。

「iTunesへ」をクリック

「iTunesへ」をクリック

Step 3: カテゴリで「曲」を選択 > 次へボタンをクリックしてiPhoneからiTunesに音楽を同期します。

「曲」を選択

「曲」を選択

実は、iTunes代替ソフトとしてのAnyTransでiTunesからiPhoneに音楽の転送も支持しています。iPhoneに既存の音楽を上書きしないで同期しますから、方法を了解したいなら、次の記事を参考にしてください: 既存の曲を消さずにiTunesからiPhoneに必要な音楽だけを転送する方法>

まとめ

今回は、パソコンを利用して、iTunesに保存している音楽をiPhoneに同期する方法について紹介しました。iTunes Storeで購入した音楽以外にも、CDからインポートした曲などもiPhoneで再生することができるようになるので、非常に便利です。いつでもiPhoneで音楽を聴けることで、通勤や通学がより快適で楽しいものになるでしょう。簡単に同期することができるので、是非とも試してみてください。

メールでのお問い合わせ
AnyTrans 無料体験版

iPhoneなどのiOSデバイス写真や音楽を自由にパソコンに転送&バックアップ、逆も可能「日本語対応」

今すぐダウンロード 評価:4.8/5全世界で1000万人以上が愛用する

対応機種

Windows:Windows 10, 8, 7, Vista (32bit & 64bit)Mac:macOS Mojave, macOS High Sierra, macOS Sierra, MacOS Catalina,OS X 10.11, 10.10, 10.9iOS:iOS 14,13,12,11,10,9,8,7,6,5