iPhoneで動画を再生できない!原因と解決策まとめ

iPhoneの動画を再生できなくなって困っていますか?ここで、iPhoneで動画を再生できない原因と対処法をご紹介します。ご参考にどうぞ。

ばくてい 最終更新日: 2020年04月23日

いつもiPhoneで動画サイトから色々な動画を視聴していますね。動画のおかげて私たちの生活は豊かになりました。そんな重要な機能は突然できなくなって、iPhoneで動画を再生できなくなりましたら、どうすればいいのですか?このガイドは、iPhoneの動画が再生できない原因と対処法をご紹介します。もちろん、iOS 13にも対応しておりますので、ご参考ください。

AnyTrans for iOS – 優れたiOS端末のデータ管理ツール

iOSデバイスからパソコンへ、またはその逆、さらにiOSデバイスから別のiOSデバイスへと、自由自在に音楽や写真などのメディアや、連絡先やカレンダーなどの情報をコピーできます。

iPhoneの動画が再生できないのは主に上記の5つが原因となります。本記事では、iPhoneが動画再生できないの原因と対策を詳しく解説します。

パート1 動画の形式はiPhoneで対応しない

iPhoneで撮ったビデオは.movですので、むろんiPhoneが対応できる拡張子です。しかし、サイトからダウンロードされた動画の形式はiPhone側が対応しないという可能性があります。なので、まず動画の拡張子をチェックするのがおすすめです。

iPhoneが対応可能な動画の拡張子は.m4v/.mp4/.movの3つとなっています。それ以外のビデオ動画はiPhoneで再生できません。

iPhoneが対応しない拡張子で動画を再生できない時の対処法:

  1. 形式変換アプリを使ってiPhoneに対応できる.mp4などのフォーマットに変換する
  2. 動画をiPhoneに対応できる形式で再ダウンロードする

この2つの方法があります。

形式変換アプリでは、動画の画質を圧縮させる可能性がありますので、一番の選択肢ではありません。

動画を再ダウンロードし、MP4ファイル(.mp4/.m4a)として保存すれば、iPhoneで動画を再生できるようになります。

ここでは、動画の形式を選択でき、AnyTrans for iOSという無料動画ダウンロードツールを紹介します。

これを使うと、

  • iPhoneにある動画の拡張子を確認、直接サイトから動画をiPhoneやパソコンに保存できすることができます。
  • YouTube、Facebook、FC2、MSNなどを含む900種類サイトから動画をダウンロードできます。
  • 操作も簡単ですので、初心者もすぐできます。

ここでAnyTransを使って拡張子を確認する方法と動画ダウンロード方法を解説します。その前に、まずはAnyTrans for iOSをダウンロードして体験しましょう!

今すぐ無料おためしウイルス検査済み

今すぐ無料おためしウイルス検査済み

Part1 動画の拡張子を確認する方法

Step 1:AnyTrans for iOS立ち上げ、iPhoneをUSBケーブルで接続したら、「ビデオ」項目に入りましょう。

「ビデオ」をクリック

「ビデオ」をクリック

Step 2:確認したい動画のところにマウスを置いたら、拡張子も含めの動画情報を確認することができます。

動画の拡張子を確認

動画の拡張子を確認

これでビデオの拡張子はiPhoneで対応可能かどうかを確認できます。もしiPhoneが対応できないフォーマットでしたら、動画を再ダウンロードしてみてください。

Part2  動画を再ダウンロードするには

Step 1:AnyTransのホームページへ戻り、右のメニューバーから「動画・音声ダウンロード」をクリックします。

Step 2:検索欄でキーワードを入力か、URLをコピーするかで動画を「検索」しましょう。検索の結果が出て、保存先はiPhoneに変更、自分で動画の保存形式を選択・保存できます。詳しいやり方>

  • お使いのネットワークによって動画ダウンロード速度は違う;
  • この機能紹介は違法ダウンロードを助長しているものではありません。自己責任でご利用し、著作権法に違反しない動画保存にご利用してください。違法ダウンロードは、2年以下の懲役または200万円以下の罰金(またはその両方)科される場合がある。

パート2 Safariのデータが溜まりすぎてiPhoneの動画が再生できない

多くのユーザーはiPhoneのデフォルトブルウザであるSafariを使っていますよね。実はSafariで閲覧履歴や情報が大量溜まってしまたら、iPhoneの処理速度が遅くなって、動画は再生できないことがあります。

その時は、「履歴とWebサイトデータを消去」することで処理速度を高めて、動画も読み込めるようになります。

詳細な手順:

Step 1:デバイスを再起動します。

Step 2:「設定」アプリからSafariを開く > 「履歴とWebサイトデータを消去」をタップして、データを消去します。

この方法はFlashに問題がある場合にも適用します。

iPhoneで動画を再生できない対処法

iPhoneで動画を再生できない対処法

パート3 iPhoneの回線に問題がある

周知のように、インターネットで動画を見る場合は回線が繋がっている必要があります。iPhoneの回線は大体3GまたはLTEです。3GよりもLTEの方が高速度なので、動画を見るのに適しています。

しかし、動画の解像度によって、スピードが追いつかず動画が再生できないこともあります。なので、iPhoneで動画を安定にみたいなら、WiFiを利用するのは1番です。

そして、iPhoneの回線がつながっても、ビデオ動画が再生できないことがあります。このような場合は動画が一度途切れてしてから、再生してみてください。

パート4 通信制限のせい

キャリアによって、iPhoneのデータ通信上限が違いますが、この上限を超えると処理速度が遅くなり、iPhoneで動画を再生できなくなることもあります。

その時では、契約時に1ヶ月のパケット通信上限を設定するかどうかを確認してください。そして、通信制限の上限枠を購入してください。

ご注意:回線で動画を見る時、通信量がかかるし、電波が不安定で動画を再生できない場合もあります。できるだけ安定なWi-Fiを利用して動画を楽しめましょう。

パート5 メモリの残る容量が少ない

iPhone内のメモリの容量が少なくなると、データの読み込みも遅くなり、iPhoneで動画を再生できなくなります。

そんな時、不要なデータを削除、あるいは、データをバックアップして、iPhoneのストレージを解放してください。

最後に

以上はiPhoneで動画を再生できない原因と解決策のまとめです。もしiPhoneの動画が再生できない問題があったら、上記の方法を試してください。また、iPhoneの写真がパソコンに見られない時はiPhoneの写真がPCで表示されない時の5つの対策をご参考ください。この記事を気に入っていただけたら、TwitterやFacebook、はてなブックマークでシェアをお願いします。

ばくてい

iOS&Androidデバイスの愛好者として、デバイスの使用をもっと便利にする裏技について色々書いています。