iTunesのバックアップが遅い場合の原因と対処法

がみ

Follow @iMobie_Inc

Apple製品のファンで、iOSデバイスをもっと気楽に利用する小技を皆さんにシェアしたいと思います。

この記事はiTunesのバックアップが遅い対処法を3つご紹介します。

最終更新日:2018年08月09日

iPhone/iPad/iPodを利用している場合、データの管理が大事だと思います。そして、その時にまず頭に浮かぶのがiTunesでしょう。iTunesで利用してデバイスのバックアップを取ったり、バックアップからデバイスを復元したりすることができて、非常に便利です。

しかし、iTunesでバックアップする際に、一つ大きなデメリットがあります。それはバックアップが遅いことです。何時間も過ごしたのに、表示された残り時間がまだ数時間があるという経験もあります。

そういう時にどうしたらいいでしょうか。ここでは、iTunesのバックアップが遅いことに困っている方のために、iTunesバックアップが遅い場合の対処法をご説明します。

iTunesのバックアップが遅い場合の原因と対処法

iTunesでiPhone/iPad/iPodのバックアップを取る時に、もしデバイスの裏で動いているアプリが多すぎると、まずデバイスの動作が遅くなって、通信の邪魔になるので、iTunes側はバックアップが遅いということです。

デバイスのホームボタンを二回連続タップして、裏で動いているアプリをすべて上にスワイプします。

iTunesバックアップが遅い対処法その1

iTunesバックアップが遅い対処法その1

iPhone/iPad/iPodで不要なアプリや、ファイルなどが多すぎると、つまりiTunesにバックアップするデータのサイズも大きいです。特に動画と音楽がすごくサイズが大きいですから、それらを削除すると、それで、iTunesのバックアップが遅いのもおかしくないです。iTunesのバックアップが遅いと感じた時は、まずバックアップする必要のないデータを削除してからバックアップを行いましょう。

アプリを削除する方法:

削除したいアプリを長押しして、左上にある「✖」のマークをタップします。

iTunesバックアップが遅い対処法その2

iTunesバックアップが遅い対処法その2

また、iPhone/iPad/iPod上の不要なデータを削除する方法はこの記事を参考してください:iPhoneの不要なデータの削除方法

iTunesでバックアップすると、バックアップが遅くて、なかなか進まないことが多いです。私も最初にiTunesでバックアップを取っていましたが、だんだん諦めて、iTunesで代替ソフトを利用し始まりました。ここでは、皆さんに一つめちゃくちゃ使いやすいソフト – AnyTrans for iOSをオススメします。

iTunesの代替ソフトとして、AnyTrans for iOSはiTunesでできるデータの同期、バックアップが簡単にできる上、以下の優勢もあります:

また、AnyTrans for iOSは無料試用版(7日間で1日50項目までの制限付き)と有料版が用意されています。興味を持たれた方は、まずは「体験をしてみる」という意味で無料体験版をダウンロードして使ってみると良いかと思います。

では、今すぐAnyTrans for iOSを無料ダウンロードしてiPhone/iPad/iPodのデータをバックアップしましょう。

無料体験100%クリーン&安全

無料体験100%クリーン&安全

Apple認定開発者によって開発されたツール – AnyTrans for iOS にウイルス、広告、スパイウェア、マルウェアなどの有害なものは一切含まれていません。

iTunesバックアップが遅い対処法その3

iTunesバックアップが遅い対処法その3

最後に

以上はiTunesのバックアップが遅い場合の対処法です。iTunesでバックアップが遅い時にぜひオススメの方法をお試し下さい。

もっと便利で、使いやすいiPhone/iPad/iPodデータを管理・転送できる方法を見つけているなら、ぜひAnyTrans for iOSをダウンロードして試してください。もしこの記事がお役に立てれば、「いいね」または「共有」をお願いします。

ホーム AnyTrans ® for iOS iTunesのバックアップが遅い場合の原因と対処法
メールでのお問い合わせ
AnyTrans ® for iOS

手の痒いところまで届くiOSデータ転送、管理、バックアップツール

無料体験世界で1000万人以上が愛用する

AnyTransがVectorプロレジ大賞 パーソナル部門賞を受賞いたしました!