iPhoneバックアップのパスワードを設定した覚えがない時に4つの対策

iTunesバックアップからiPhoneを復元したいですが、パスワードを設定した覚えがないのにパスワードを入力すると要求された経験はありますか?このガイドは、こういう場合の対策をご紹介します。

ばくてい 最終更新日: 2020年05月11日

iPhoneのデータが消えて、iTunesバックアップから復元しようと思いますが、バックアップから復元してみたら、「iPhoneのバックアップのロックを解除するパスワードを入力します」というメッセージが出ました。しかし、パスワードを設定した記憶がないので、パスワードを正しく入力することができません。

もしこのような状況に遭遇したら、下記の方法でパスワードを思い出しましょう。

Part1: iPhoneバックアップのパスワードとは

バックアップと言ったら、基本的にiTunesバックアップを使う方が多いでしょう。iTunes経由でPCにバックアップする時に、「ローカルバックアップを暗号化」というオプションがあります。これにチェックを入れておいたら、パスワードの設定が求められます。ここの暗号化っていうのが、iPhoneバックアップのパスワードです。こう言い換えたらどうでしょうか?みなさんはバックアップ暗号化を設定した記憶がありますでしょうか?

これでも思い出せないとしたら、以下の対処法を参照してパスワードを思い出しましょう!

Part2: iPhoneバックアップのパスワードを設定した覚えがない時に4つの対処法

対処法1 自分が設定しそうなパスワードを入力してみる

iTunesバックアップの暗号化でパスワードを設定した覚えがないけど、普通はパスワードを求められる場合、自分はそれを意識してませんが、やはり普段がよく使っているパスワードで設定することが多いですね。

なので、まずは自分のよく使っているパスワードを入力してみてください。

ここで、いくつかのヒントがあります:

  • 自分の誕生日、もしくは家族の誰かの誕生日
  • Apple IDやメールアカウントなど のパスワード
  • パソコンのログインパスワード
  • WIFIネットワークのパスワード
  • 一番簡単な0000、123456、passwordなどで設定したのも可能

対処法2 バックアップのパスワードをリセットする

バックアップのパスワードはおろか、そもそもそれを設定した覚えもありませんという方がいるかもしれません。パスワードの設定するが面倒くさいって思いますでしょうか?

こういう場合、たぶんバックアップをリセットするのが一番適切なやり方かもしれません。

このリセット機能は、以前暗号化されたバックアップのパスワードを無効化にしたわけではありません。昔のバックアップから復元するには、暗号化の時に設定したパスワードが必要です。

だが、設定をリセットしたら、新たなバックアップを作成してから復元することが可能です。

手順:

1、iPhoneで「設定」 > 「一般」 > 「リセット」 > 「すべての設定をリセット」という順にタップしてください。

2、すると、パスコードの入力が求められますので、ここで、ロック画面用を解除する時使うパスコードを入力したら、次の警告が出ます。

すべての設定をリセットするとどうなる

すべての設定をリセットするとどうなる

3、「すべての設定をリセット」をタップすると、iTunesバックアップ暗号化で設定されたパスワードを含め、すべての設定はリセットされます。

写真や動画などのデータとメディアは削除されません。

4、設定をリセットしたら、新しいバックアップを作って、バックアップから復元しましょう。

対処法3 PhoneRescueを使ってパスワードを解析する

もし自分がどうしてもパスワードを思い出せない、またはいろいろ試しても正しくないなら、パスワードを解析できるツールを使ってみてください。ここではPhoneRescue for iOSというiPhoneバックアップのパスワードを解析できるソフトをご紹介します。これを使うと、バックアップのパスワードを無料で解析することができます。

このソフトはiPhone向けのデータ復元ソフトとして多くのiPhoneユーザーに知られています。最新バージョンにはiTunesパスワードの解析機能が追加されて、暗号化したバックアップパスワードの分析や表示ができます。このパスワードの解析機能は、以下の特性があります:

  • 最先端技術でiTunesバックアップのパスワードを解析し、最大18位のパスワードの解析をサポートする
  • 英語や数字、記号などの組み合わせの複雑なパスワードを解析可能
  • パスワードの可能な種類や長さを設定すれば、解析速度を早くさせることができる
  • バックアップ内容を見たり、選択的に復元したりすることもできる
  • PhoneRescue for iOSで復元する際にはiPhoneに既存のデータを上書きしない
  • Windows&Mac両方に対応する

それではPhoneRescue for iOSを使って、設定した覚えがないバックアップのパスワードを解析してみましょう。

Step 1.PhoneRescue for iOSをPCにダウンロードしてインストールします。

今すぐ無料おためしウイルス検査済み

今すぐ無料おためしウイルス検査済み

Apple認定開発者によって開発されたツール – PhoneRescue for iOSにウイルス、広告、スパイウェア、マルウェアなどの有害なものは一切含まれていません。

PhoneRescue for iOSのダウンロード、起動、言語設定などの方法について>>

Step 2.PhoneRescue for iOSを立ち上げ > 次の画面が出たら、「バックアップからリカバリー」機能に入ります。

「iTunesバックアップからリカバリー」を選択する

「iTunesバックアップからリカバリー」を選択する

Step 3.パスワードを設定した覚えがないのバックアップを選択して次のステップに進めます。

PhoneRescue for iOSで設定した覚えがないパスワードを解析する - Step 3

PhoneRescue for iOSで設定した覚えがないパスワードを解析する – Step 3

Step 4.次のような「バックアップが暗号化されています」というウィンドウが出たら、「パスワードをお忘れの場合」をクリックします。

PhoneRescue for iOSで設定した覚えがないパスワードを解析する - Step 4

PhoneRescue for iOSで設定した覚えがないパスワードを解析する – Step 4

Step 5.パスワードの可能な種類や長さ、クラックのスレッド数などを選択してください。 > 「開始」をクリックして解析を始めます。

設定したバックアップのパスワードを全然覚えてない場合、なるべく最大の範囲に設定してください。

PhoneRescue for iOSで設定した覚えがないパスワードを解析する - Step 5

PhoneRescue for iOSで設定した覚えがないパスワードを解析する – Step 5

Step 6.パスワードの解析が始まります。パスワードの種類や長さによって時間がかかる場合はあるので、少々お待ちください。また、分析を早く終わらせるため、パソコンで同時にほかの操作を実行しないでください。

しばらくたったら、パスワードが表示されます。そして、PhoneRescue for iOSを使って、バックアップの内容を見たり、抽出したり、iPhoneに復元したりすることもできます。

PhoneRescue for iOSで設定した覚えがないパスワードを解析する

PhoneRescue for iOSで設定した覚えがないパスワードを解析する

しばらくすると、パスワードが表示されました。直接「スキャン」をクリックすると、PhoneRescue for iOSで、iTunesバックアップの内容を見たり、抽出したり、iPhoneに復元したりすることもできます。

iTunesバックアップのパスワードが表示された

iTunesバックアップのパスワードが表示された

– PhoneRescue for iOSは有料ソフトですが、パスワードの解析&表示、そしてiTunesバックアップの確認機能が無料試用で利用できます。もしパスワードを表示させたいなら、無料試用版で十分だと思います。

– PhoneRescue for iOSはiPhoneのデータ復元ソフトとして、iPhoneのLINE履歴、SMSメッセージ、電話帳、メモ、写真、動画などの多くの種類のデータを復元することができます。

– PhoneRescue for iOSはiTunesバックアップだけでなく、iCloudバックアップを見たり、抽出したり、復元したりすることもできます。更に、バックアップがない場合も、デバイスをスキャンしてデータの復元が可能です。

対処法4 iCloudバックアップを利用する

以上の方法を試しても悩みが解決されていないとしたら、iCloudバックアップを使ってみたらどうでしょうか?

ただ、iCloudバックアップでは、ギガが足りないとバックアップはできません。なので、iCloudバックアップする前に、iCloudに十分な容量があるかを確保してください。容量が足りない場合、icloudの空き容量を増やしてから再確認してください。

iCloudバックアップを有効化にする方法:

1、iPhoneで「設定」 > ユーザー名 > iCloud > iCloudバックアップという順でタップします。

2、iCloudバックアップを有効にしたら、今すぐバックアップを作成をタップしてください。

iCloudバックアップを作成

iCloudバックアップを作成

3、iCloudバックアップ作成には時間がかかりますので、バックアップが完了するまでしばらくお待ちください。

バックアップが完成したら、iCloudバックアップからデータ復元することができます。

最後に

以上はiPhoneバックアップのパスワードを設定した覚えがない時の4つの対策です。いかがでしたか?個人てきには、PhoneRescue for iOSが一番おすすめです。

パスワードの解析は無料ですし、iPhoneの設定やデータへの損害もありません。さらに、データの復元やiOSシステム不具合の修復などもできます、今すぐPhoneRescue for iOSをダウンロードして使ってみましょう。この記事が参考になりましたら、FacebookやTwitterにシェアしてくれると嬉しいです。

ばくてい

iOS&Androidデバイスの愛好者として、デバイスの使用をもっと便利にする裏技について色々書いています。