iPhone XS/XS Max/XR/X/8/7でAirDropの使い方と設定

ようれいけん

Follow @iMobie_Inc

iOS&Androidデバイスの不具合をまとめて解決します。少しでも皆さんにお役に立てれば嬉しいです。

「AirDrop」は、近くにいるiPhone、iPad、Macなどを使っている人に写真やビデオ、連絡先などを無線で共有送受信できる機能です。iPhoneで「AirDrop」をよく活用するために、このガイドはiPhoneでのAirDropの使い方と設定方法を詳しくご紹介します。

最終更新日:2018年10月29日

AnyTrans for iOS – iOSデバイスの間でデータを自由に転送可能

iOSデバイスからパソコンへ、またはその逆、さらにiOSデバイスから別のiOSデバイスへと、自由自在に音楽や写真などのメディアや、連絡先やカレンダーなどの情報をコピーできます。

iOS 7および以降を搭載したiPhoneやiPod touch、iPad間で、写真、ビデオ、書類などをすばやく共有できます。新しいiPhone XS/XS Max/XR/X/8/7を手に入れた場合や、友達と写真、Safari、連絡先を共有したい場合、エアドロップを使って共有したいです。しかし、iPhone XS/XS Max/XR/X/8/7&iOS 12/11でのAirDropの使い方や設定方法がよくわかりません。なので、ここではiPhoneでのエアドロップの使い方と設定方法を詳しく説明します。

パート1.iPhoneで「AirDrop」をオン(有効)にする

Step 1. iPhoneのコントロールセンターから「AirDrop」をタップする

①ホームボタンのあるiPhoneで「AirDrop」を表示する

iPhone 8/8 plus/7/7 plus/6/6sで下部から上にスワイプしてコントロールセンターを表示して、左上のグループコントロールを強く押しして「AirDrop」をタップします。

【iOS 12/11】iPhoneでAirDropの使い方と設定 パート1

【iOS 12/11】iPhoneでAirDropの使い方と設定 パート1

②ホームボタンのないiPhoneで「AirDrop」を表示する

iPhone XS/XS Max/X右上から下にスワイプしてコントロールセンターを表示して、左上のグループコントロールを3Dタッチ(強く押す)して「AirDrop」をタップします。

【iOS 12/11】iPhone XS/XS Max/XR/XでAirDropの使い方と設定 パート1

【iOS 12/11】iPhone XS/XS Max/XR/XでAirDropの使い方と設定 パート1

– iPhone XR/SEなど3Dタッチに非対応のデバイスの場合は、タッチして押さえたままにします。

– AirDropを有効にすると、「Wi-Fi」および「Bluetooth」が自動的にオンになります。Bluetoothが近くにいるAppleデバイスを感知し、Wi-Fiの無線信号を使ってデバイス間でコンテンツを転送することができます。なので、自分と相手の双方で Wi-Fi と Bluetooth がオンになっているか確認します。

Step 2. iPhoneで「AirDrop」を有効にする

受信しない:エアドロップ のリクエストを受け付けません。

連絡先のみ:お使いのデバイスは、連絡先に登録されている人からしか認識されません。(*「連絡先のみ」を選択するには、iPhoneで「iCloud」を有効(サインイン)にしている必要があります。)

すべての人:近くにいるApple 製デバイスの「AirDrop」を有効にしているすべての端末を検出することができます。

【iOS 12/11】iPhoneでAirDropの使い方と設定 パート1

【iOS 12/11】iPhoneでAirDropの使い方と設定 パート1

パート2.iPhoneの「AirDrop」で写真等のファイルを送受信する

1.AirDropでコンテンツを共有/送信する

①近くにいる相手に送信したいコンテンツを選択します。ここで写真を例にします。

②「共有」または をタップします。

③AirDropを有効にしているユーザーをタップして、2 台のiOSデバイス間で写真を転送することもできます。

【iOS 12/11】iPhoneでAirDropの使い方と設定 パート2

【iOS 12/11】iPhoneでAirDropの使い方と設定 パート2

2.AirDropでコンテンツを受け取る/受信する

近くにいる相手からAirDrop を使って写真やビデオ、Appリンクなどを共有してくれた場合は、そのコンテンツのプレビューが付いた通知が表示されるので、「受け入れる」または「辞退」を選んでタップできます。

【iOS 12/11】iPhoneでAirDropの使い方と設定 パート2

【iOS 12/11】iPhoneでAirDropの使い方と設定 パート2

パート3.iPhoneで「AirDrop」をオフ(無効)にする

エアドロップを使用しない場合、iPhoneで「AirDrop」をオフ(無効)にしたほうがいいです。再度コントロールセンターを表示して、強く押しして「AirDrop」をタップします。「受信しない」をタップすることで、AirDropを無効にすることができます。

* AirDropをオンにしている際に「Wi-Fi」または「Bluetooth」をオフにすると、一時的にAirDropは無効になります。

パート4.AirDropのサウンドとバイブレーションの設定

「設定」→「サウンドと触覚」→画面を下へスクロールして、「AirDrop」をタップ→「バイブレーション」→次の画面でバイブレーションを選択・設定することができます。

【iOS 12/11】iPhoneでAirDropの使い方と設定 パート4

【iOS 12/11】iPhoneでAirDropの使い方と設定 パート4

パート5.AirDropでほかのデバイスが認識されない場合

最後に

以上はiPhone XS/XS Max/XR/X/8/7でAirDropの使い方&設定方法です。エアドロップを使うと、ほかのiOSデバイスと、写真、ビデオ、書類などをすばやく共有できます。今すぐ試しましょう。機種変更の時、旧iPhoneからiPhone XS/XS Max/XR/X/8/7にデータを移行するには、こちらの記事はお役に立つかもしれません。

もしこの文章はお役に立ちましたら、お友達と共有しましょう。

ホーム AnyTrans ® for iOS iPhone XS/XS Max/XR/X/8/7でAirDropの使い方と設定
メールでのお問い合わせ
AnyTrans ® for iOS

手の痒いところまで届くiOSデータ転送、管理、バックアップツール

無料体験世界で1000万人以上が愛用する

AnyTransがVectorプロレジ大賞 パーソナル部門賞を受賞いたしました!