iPhoneとiPadの間でビデオを共有する方法

要約

iPhoneとiPadの間で自由にビデオを共有したいですが、その方法に困っていますか。このガイドはiPhoneとiPadの間でビデオを共有する方法をご紹介します。

ちょうらんげつ

2017年04月24日

編集者:

Follow @iMobie_Inc

AnyTrans - iPhoneとiPadの間でビデオを共有する

AnyTrans - 最高のビデオ共有&管理ツール

AnyTransは簡単にデバイスの間でビデオ、写真、連絡人などを共有出来ます。では、AnyTransをダウンロードして、この便利なソフトを体験しましょう。

現在、Appleファンが多くいます。iPhoneだけでなく、iPad、iPod touchなども持っている人も多くいます。そして、「iPhone、iPad、iPod touchなどを同時に持っていると、どうすればその間でデータを共有できますか」という質問があります。しかし、iTunesはiOSデバイスの間でデータを直接に共有できません。どうすればいいですか?ここではAnyTransをおすすめします。このツールを利用すれば、iPhoneとiPadの間で自由にビデオを共有できます。

AnyTransとは

AnyTransはiOSデバイス向けの転送ツールです。簡単かつ高速でiPhoneとiPadの間でビデオを共有できます。このツールは次のような優れた点があります:

  • 数クリックでiPhoneとiPadの間でビデオを共有できる。
  • 自由に自分が転送したいビデオを選択できる。
  • デバイスの間でだけでなく、デバイスからパソコンにも転送できる。
  • ビデオだけでなく、音楽、写真、連絡人などの個人データも共有できる。
  • 既存のデータが上書きされない。

では、今すぐAnyTransをダウンロードして、iPhoneとiPadの間で自由にビデオを共有しましょう。

AnyTransでiPhoneとiPadの間でビデオを共有する

AnyTransはiPhoneとiPadの間で双方向共有できて、ここでは、iPhoneとiPadの間でビデオを共有することを例にします。それでは、AnyTransをダウンロード&インストールしてください。

ステップ1:USBケーブルでiPhoneとiPadをパソコンに繋がる > AnyTransを起動 > ホーム画面の右にアイコンをクリックして、「カテゴリから管理したいiOSコンテンツを選んでください」という画面に入る > 画面の上にお使いのデバイスを選択して共有するデバイスと共有されるデバイスを確認してください。

iPhoneとiPadの間でビデオを共有する ステップ1

iPhoneとiPadの間でビデオを共有する ステップ1

ステップ2:「ビデオ」をクリック > 共有したい項目を自由に選択します。

iPhoneとiPadの間でビデオを共有する ステップ2

iPhoneとiPadの間でビデオを共有する ステップ2

ステップ3:転送したい項目を選択 > 「デバイスへ転送」というボタンをクリックして、iPhoneのビデオをiPadに自動的に共有できます。

iPhoneとiPadの間でビデオを共有する ステップ3

iPhoneとiPadの間でビデオを共有する ステップ3

ステップ4:ビデオを共有しています、転送完了したあと、iPadで確認できます。

iPhoneとiPadの間でビデオを共有する ステップ4

iPhoneとiPadの間でビデオを共有する ステップ4

最後に

このガイドのようにAnyTransで便利でiPhoneとiPadの間でビデオを共有できます。AnyTransはビデオを共有できるだけだなく、メッセージ、メモなどもできます。では、早速AnyTransをダウンロードして、無料体験しましょう。このガイドがお役に立てれば、FacebookやTwitterにシェアをお願いします。

メールでのお問い合わせは、24時間以内に返信いたします。 メールでのお問い合わせ
Facebook上で何がホットだ

関連記事

ご意見・ご感想をお寄せください