iPhoneからアプリとアプリデータを復元する方法

iPhone/iPad/iPodからアプリが削除されたら、どうすれば復元できますか?この記事はiPhoneからアプリとアプリデータを復元する方法をご紹介します。

ばくてい 最終更新日: 2020年05月18日

ストレージを増やすためにいらないアプリを削除したり、自分の誤操作で大切なアプリを間違えて削除したり、携帯を貸してから他人が誤ってアプリを削除したりする場合に、どうすればiPhoneのアプリを復元できますか?

更に、ゲームアプリ、仕事用のアプリ、ファイルを作成するアプリなどAppのデータを消えたら、すごく大変ですから、復元することが可能ですか?

皆さんも上記の悩みがありますか?従って、今回はこの問題を解決するために、iPhoneからアプリおよびアプリデータ(ファイル)を復元する方法をご紹介します。

Part 1:間違えて削除したiPhoneアプリを復元する方法

方法1、購入済みリストでアイフォンのアプリを復元

Step 1: お使いのiPhoneをWi-Fiに接続してApp Storeを起動します。

Step 2: 下部の「アップデート」を選択して右上のアカウントをタップしてください。

App Storeのアカウントに入る

App Storeのアカウントに入る

Step 3: 「購入済み」をタップして「このiPhone上にない」項目を選択します。すると、削除されたiPhoneアプリが展示されて、雲ボタンをクリックして再ダウンロードして復元することができます。

「このiPhone上にない」項目を選択

「このiPhone上にない」項目を選択

  1. iOS 11前のバージョンなら、直接「アップデート」をタップしてから「購入済み」項目で確認することができます。
  2. もし削除したアプリがすでに配信停止しましたなら、App Storeから再ダウンロードすることができませんので、ご注意ください。そのため、定期的にiPhoneのアプリ本体をバックアップするのをおすすめします。
  3. 間違えて削除したアプリの名前を知っていれば、次の方法2を使ってもよろしいです。

方法2、App Storeでアンインストールしたアプリを復元

Step 1: お使いのiPhoneをWi-Fiに接続してApp Storeを起動します。

Step 2: 下部の検索ボタンをクリックしてアプリの名前を入力します。

アプリを探す

アプリを探す

Step 3: 探したアプリの右にある雲ボタンをタップしてインストールしてください。

Part 2:iPhoneアプリのデータを復元する方法

iPhoneのアプリデータを復元する必要なソフト

iPhoneから消えたデータを復元するには、専門のデータ復元ソフト – PhoneRescue for iOSが必要です。 PhoneRescue for iOSは最新復元術を利用して、iPhone/iPad/iPodからアプリのデータ(アプリのドキュメント、写真、オーディオ、動画を含む)をどんな状況にも復元できます。さらに、以下の特徴も持っています:

  • バックアップのない場合もiPhoneのアプリのデータを復元できます;
  • アプリのデータを復元できて、iPhoneにその他のデータが上書きされません;
  • 特定のアプリを復元できて、時間や手間を節約する;
  • 復元する前に、iPhoneのアプリのデータをプレビューでき、紛失したアプリのデータを復元できるかを把握できる
  • iPhone初心者やパソコンが苦手な方も簡単に利用できる;

PhoneRescue for iOSは、無料版と有料版が用意されています。無料版(復元不可)で復元したいデータのスキャン結果をプレビューする機能が搭載されています。使い方もシンプルで分かりやすく、まずは無料版でデータ復旧ができるかを確認してみると良いかと思います。

PhoneRescue for iOSでiPhoneのアプリ内データを復元

iPhoneのアプリデータを復旧するために、まずPhoneRescue for iOSをパソコンにダウンロード&インストールしてください。

今すぐ無料おためしウイルス検査済み

今すぐ無料おためしウイルス検査済み

Apple認定開発者によって開発されたツール – PhoneRescue for iOSにウイルス、広告、スパイウェア、マルウェアなどの有害なものは一切含まれていません。

Step 1: PhoneRescue for iOSをPCに起動 > iPhoneを接続 > 「iOSデバイスからリカバリー」を選択 >  ボタンをクリックします。

iOSデバイスからリカバリーを選択する

iOSデバイスからリカバリーを選択する

バックアップのない場合は、「iOSデバイスからリカバリー」を選択します。バックアップのある場合に、「iTunesバックアップからリカバリー」 または「iCloudからリカバリー」を選択してください。

Step 2:アプリデータを選択して、「OK」をクリックします。

復元したいアプリデータを選択

復元したいアプリデータを選択

Step 3:復元したいアプリのデータをプレビュー&選択 > 「パソコンへ」ボタンをクリックします。

iPhoneからアプリのデータを復元

iPhoneからアプリのデータを復元

  1. iPhoneのLINEデータを復元するには: iPhoneからLINEのトーク履歴を完全に復元する方法>
  2. もし削除されたアプリはクラウド側にデータを保存しているなら、アカウントの登録を通して一部のデータを取り戻すのは定番方法です。

Part 3:iPhoneアプリの間違えて削除を防ぐ方法

Step 1: お使いのiPhoneで「設定」>「スクリーンタイム」>「コンテンツとプライバシーの制限」の順でタップします。

「コンテンツとプライバシーの制限」に入る

「コンテンツとプライバシーの制限」に入る

Step 2: 「コンテンツとプライバシーの制限」を有効にしてから「iTunesおよびApp Storeでの購入」項目に入り、「Appの削除」を「許可しない」に変更してください。

Appの削除を許可しない

Appの削除を許可しない

設定が終わったら、ホーム画面でアプリを長押しすると、削除ボタンが表示されないから、誤って削除することもないです。

アプリを削除できない

アプリを削除できない

スクリーンタイムのパスコードを設定したことがあれば、パスコードの入力が必要です。忘れたら、次の記事を参考にしてiPhoneのスクリーンタイムパスコードを解析してください: iPhoneのスクリーンタイム・パスコードを忘れた時の復元方法>

最後に

これで、iPhoneから消去されたアプリのデータを簡単に復元できます。もちろん、この方法はiPadおよびiPodにも適用しています。そして、上記のように、アプリのデータだけではなく、写真、音楽、ビデオ、連絡先、メッセージ、ボイスメモ、カレンダー、リマインダー、メモなどのデータを取り戻せます。この素晴らしいツールを無料ダウンロードしましょう>

ばくてい

iOS&Androidデバイスの愛好者として、デバイスの使用をもっと便利にする裏技について色々書いています。