iPadのデータをUSBメモリに転送できる2つの方法

iPadのデータをUSBメモリに保存して、iPadの容量を解放したいですか?このガイドは、iPadのデータをUSBメモリに転送できる方法を二つご紹介します。

作者の画像 ばくてい 最終更新日: 2020年12月18日

iPadの容量が足りないなら、USBメモリにデータを移行して容量を解放するのが一つ有効な方法です。それでは、どのようにiPadのデータをUSBメモリに転送しますか?次の文章は、iPad中のデータをUSBメモリに転送する方法を二つご紹介します。

方法1、専用のデータ転送ソフトでiPadからデータをUSBメモリに保存する

iPadからUSBメモリにデータを転送するとき必要なツール

iPadのデータを普通のUSBメモリに入れたいなら、iOSデバイス向け専用のデータ転送ソフトAnyTransを使うのをおすすめします。

iPad上のほとんどのデータはAnyTransを通じてUSBメモリに転送することができます。次はAnyTransでiPadからデータをUSBメモリに保存する方法を詳しくご説明します。

そして、AnyTrans は、無料試用版と有料版が用意されています。まずは無料試用版をダウンロードして、使い勝手を体験してみるのがいいかもしれないね。

iPadからデータをUSBメモリに保存する手順

以下の手順で行う前に、iPhone、パソコンとiPhone用USBケーブルを手元にご用意ください。

Step 1、AnyTransをダウンロード&インストールします。

無料ダウンロード(Win版)  Windows全般で動作可能 無料ダウンロード(Mac版)  Mac全般で動作可能

無料体験ウイルス検査済み

Apple認定開発者によって開発されたツール – AnyTransにウイルス、広告、スパイウェア、マルウェアなどの有害なものは一切含まれていません。

Part 1: テータの一括転送方法

Step 2、AnyTransを立ち上げて、iPadとUSBメモリを同時にパソコンに接続します > 「PCへ」をクリックしてください。

「PCへ」ボタンをクリック

「PCへ」ボタンをクリック

Step 3、PCに選択したいデータをクリックします > 「選択」をクリックして、USBメモリを出力先に変更します > 「OK」をクリックします。「次へ」ボタンをクリックしたら、iPadのデータがUSBメモリに転送されます。

データと出力先を選択する

データと出力先を選択する

しばらくすると、iPadのデータはUSBメモリに転送されました。各フォルダに入って、データの内容を見ることができます。

iPadのデータがUSBメモリに転送された

iPadのデータがUSBメモリに転送された

Part 2: データを選択して転送

また、もし具体的な写真や動画などのデータを選択してUSBメモリに転送したいなら、Step 1で「PCへ」ではなく、右上のデータ種類をクリックして対応するカテゴリの管理画面に入ってください。

「PCへ」ボタンをクリック

「PCへ」ボタンをクリック

Part 3: 無線でiPadからUSBメモリにデータを転送

手元にUSBケーブルがない場合やiPadがコンピュータに認識されない場合、iPadで「AnyTrans」アプリを使って、iPadからUSBメモリにデータをワイヤレス転送できます。注意としてはPCとiPadは同じWi-Fiネットワーク内にある必要があります。

Step 1. iPadのApp Storeから「AnyTrans – 転送&共有」アプリをダウンロードします。

Step 2. コンピュータのブラウザを開いて、anytrans.ioにアクセスします。ページにあるQRコードでPCとiPadを接続してファイルを共有することができます。

Step 3. iPadで「AnyTrans」を起動して、右上の「Web版に接続」をタップ > PCに表示されている「QRコード」を読み取ります。

Step 4.任意のデータを選択 > 「ダウンロード」をクリック > 出力先をUSBメモリに指定 > 「保存」をクリックします。すると、iPadからUSBメモリにデータを転送できます。

アプリでiPadのデータがUSBメモリに転送する

アプリでiPadのデータがUSBメモリに転送する

お見逃しなく:iPhoneからUSBメモリに音楽を転送する方法>

AnyTransはiPad/iPhone/iPodの転送ソフトとして、音楽、ビデオ、写真、連絡先、メモなどのデータをiOSデバイスの間で/iOSデバイスとPCの間で転送することを支持しています。AnyTransのデータ転送機能の詳しい情報は、以下の記事をご参考ください:

方法2、iPad用USBメモリを利用する

最近Apple製品の普及とともに、iPad/iPhoneのLighting端子に接続できるUSBメモリも登場してきました。そのようなUSBメモリはiPadのLighting端子に挿すことができ、iPadから写真、音楽、ビデオなどのデータを直接にUSBメモリに転送することができます。Amazonや楽天の通販でも簡単に購入できるので、簡単に入手できます。

既にUSBメモリがあって、iPadからUSBに直接データを転送したいとしたら、次のようなiPadと接続できるコネクタが必要です。

. . .

もし元々USBが持っていないとしたら、次のようなiDiskkのコネクタ付きのUSBメモリを購入するのもいいかもしれません。ただ、iDiskkを利用する場合、iPadでiDiskk Proというアプリをインストール必要があります。

. . .

上記の2つは、 iPad Pro / iPad 4 / iPad Air / iPad miniシリーズなどに対応しています。ただし、もしすでに普通のパソコン用のUSBメモリを持っているなら、お金をかけてもう一つのiPad用USBメモリを買うことに抵抗がある人も多いでしょう。そして、iPad専用のUSBメモリは値段が同じ容量のパソコン用USBメモリより2、3倍高いし、転送できるデータの種類も少ないです(普通は写真、音楽、ビデオと書類だけが転送できる)。

もしパソコン用USBメモリにiPadのデータを転送したいなら、次の方法を続けてご覧下さい。この方法を利用すると、写真音楽動画などのメディアファイルだけでなく、メッセージ、通話履歴、ブックマークなどのデータもパiPadからソコン用USBメモリに転送できるます。

最後に

今すぐAnyTransをダウンロードして、無料試用を試しませんか?AnyTransはUSBメモリにだけでなく、iPadからデータを直接にiPhone/iPad/iPod touchに転送することもサポートしています。もしこの記事に共感を持ったら、FacebookやTwitterに共有してくれると嬉しいです。

注:AnyTransは購入する前に無料試用が可能です。しかも、製品を注文した後も60日間の返金保証が対応しているので、安心に利用してください。

作者の画像
ばくてい Twitter Share Facebook Share

iOS&Androidデバイスの愛好者として、デバイスの使用をもっと便利にする裏技について色々書いています。

Topへ戻るアイコン