iPhoneとiPadの間でアプリを共有する方法

要約

二度支払うことなく、アプリのデータや個人設定を保持するまま、iPhoneとiPadの間でアプリを共有したいんですか?当ページのiMobieガイドはiPhoneとiPadのアプリ共有の方法について、簡単かつ効率的な解決策を紹介します。

ちょうせい

2016年09月28日

by

Follow @iMobie_Inc

AnyTrans –  iPhone&iPadの間でアプリを移動する唯一のアプリ共有

AnyTrans – 最初のiPhone共有ツール

iPhoneとiPadでアプリを共有する方法の記事を読む前に、この優れたAnyTrans をダウンロードして、iPhoneからiPadにアプリを共有することができます。

よくある質問:

iPadとiPhoneのアプリ共有についてです。すでにiPhoneで様々なアプリを利用していたのですが、今回iPadを購入し、iPhoneで使用しているアプリをiPadの方でも使いたいと考えています。アプリのデータと設定もそ同じようにしたいので、よろしくお願い致します。

最適の答え:

iPadの大きな画面上でiPhoneのアプリを実行するのは素晴らしいことですよね。しかし、それはどうすれば実現できますか?そして、アプリデータや設定などもそのまま同期できますか?次の文章は、iPhoneとiPadの間で、アプリを簡単に同期できる方法を1つご紹介します。

必要なツール

ここでは、AnyTransのような優れたiPhoneアプリ共有ソフトを利用するのが必要です。ここでAnyTransをおすすめするのは、以下の原因があります:

1.アプリデータと設定も同期に共有できる

2.iPhoneとiPadのiCloud IDが違っても、アプリを共有できる

3.必要なアプリだけを共有し、ほかのデータは上書きない・消えない

4.操作方法はとても簡単なので、初心者も手軽に利用できる

5.アプリを迅速にiPhoneとiPadの間で共有でき、時間と手間を節約する

次はAnyTransでiPhoneとiPadの間でアプリを共有する方法を詳しくご説明します。

AnyTrans でiPhoneとiPad間でアプリを共有する方法

ステップ1、AnyTransをダウンロード&インストール > AnyTransを起動 > コンピュータにお使いのiPhoneやiPadをUSBケーブルで接続 > 共有したいアプリのあるデバイスに入ります。

共有したいアプリのあるデバイスに入る

共有したいアプリのあるデバイスに入る

ステップ2、「アプリ」に入ります。

アプリに入る

アプリに入る

ステップ3、共有したいアプリを選択して、右上の「デバイスへ転送」ボタンをクリックしてください。

iPhoneとiPadの間でアプリを共有する

iPhoneとiPadの間でアプリを共有する

しばらくすると、iPhoneとiPadの間でアプリが安全かつ迅速に共有されました!

AnyTransでアプリを移行する前に、以下の点にご注意ください:

  • 1. iOS端末の両方ともiOS 8.3以前のバージョンの場合、アプリ本体もアプリのデータも転送できます。
  • 2.二台のiOS端末の中で任意の端末がiOS 8.3およびその以降のバージョンの場合、アプリデータだけが転送でき、アプリ本体が転送できません。そして、アプリデータの転送前に、ターゲット端末に対応するアプリをダウンロードしておく必要があります。

それで、iPhone/iPadが機種変更でもアプリを簡単に移行できます。そして、AnyTransはiPhoneとiPad間でアプリを共有できるだけでなく、iPod touch/コンピュータとの間でデータを自由に共有できます。今すぐこのiPhone/iPad/iPodの便利な転送・AnyTransを体験してみましょうか!

ご質問を私達に送信して、24時間以内に答えを得ます 質問を聞き

関連記事

ご意見・ご感想をお寄せください