2つの方法でAndroidからiPhone 8/7/6sへデータを移行する

[最終更新日:2017年09月18日]

9月12日(日本時間13日未明)、Appleは新型iPhone - iPhone 8とiPhone Xを発表していました。それをきっかけに、AndroidからiPhoneに機種変更したい方も多くいらっしゃいますよね。15日、Appleストアへ予約に行った方も殺到しています。

新しいiPhoneを入手してから、一番困っているのはアンドロイド上の連絡先、メッセージ、ブック、写真などのデータの移行でしょう。ここで、データ移行の方法がわからなく、うまく機種変更できない方、またiPhoneの初心者にAndroidからiPhone 8/7にデータを移行する方法を2つご提供します。もちろん、この2つの方法はiPhone 7 Plus/iPhone 6s/iPhone 6などの機種にも適切します。

Part 1: 「Move to iOS」でAndroidからiPhone 7/8へデータを移行する方法

「Move to iOS」はAppleの標準搭載した移行ツールで、iOS 9から登場します。このアプリを使用することにより、手軽にAndroidのデータをiPhone 6s/7/8に移行することが可能になります。それでは、「Move to iOS」でAndroidからiPhone 6s/7/8へデータを移行する方法をご紹介します。

- 「Move to iOS」でデータを移行する時、AndroidとiPhone 8/iPhone 7/iPhone 6sが近くにあることが必要

- 両方とも同じWi-Fiに接続する

- 作業途中、iPhoneを初期化する必要がある

- もし手元のiPhone 7には残したいデータがあれば、予めiPhone上のデータをバックアップしたほうがいい

ステップ1、Androidスマホで「Move to iOS」をインストールして起動 > 画面の指示に従って、「コード入力」画面に入ります。

ステップ2、iPhoneの電源をオン > 「Appとデータ」画面で「Androidからデータを移行」を選択 > 画面の指示に従って、10 桁または 6 桁のコードが取得します。

ステップ4、iPhoneで表示された10 桁または 6 桁のコードをAndroidに入力します。

ステップ5、「データを転送」画面が出たら、必要なデータの種類を選択 > 「次へ」をタップします。それでAndroidからiPhone 7/8にデータを移行しました。

AndroidからiPhone 8&iPhone 7&iPhone 6sにデータを移行する方法1

AndroidからiPhone 8&iPhone 7&iPhone 6sにデータを移行する方法1

この「Move to iOS」アプリでデータを移行する時、以下のポイントをご注意ください。

1、移行できるデータはGoogleアカウント、ブックマーク、メッセージ、連絡先、カレンダー、カメラロールのみである

2、Wi-Fiで移行するので、途中切れたり、進まなかったりなどの不具合も出る可能性がある

なので、できるだけ上述の不具合/エラーをさける、またより多くのデータを移行するため、ここで、AnyTrans for iOSというAndroid&iOSデバイス併用のデータ転送ツールをおすすめします。詳しい情報およびその使い方については、次のPart2をお読みください。

Part 2:AnyTrans for iOSでAndroidからiPhone 7/8へデータを移行する方法

AnyTrans for iOSとはAndroid&iOSデバイス両用のデータ転送ツールとして、長い間安全で動作も安定しているソフトとして知られ、広告、ウイルスなどは一切含まれていません。そして、このツールには以下のようなメリットもあります:

1、AndroidからiPhone 7にデータを一括移行するか、複数移行するか自由に選択できる

2、移行できるデータもブックマーク、メッセージ、連絡先、カレンダー、カメラロール、ブック、ドキュメントなどを含む11種類

3、途切れたり、不安定したり、初期化したり、データを紛失したりすることはない

4、感な操作画面で、わずか2ステップでAndroidからiPhone 7/8/6sにデータを移行でき、初心者にも簡単に利用できる

5、この機能は完全に無料で使える

それでは、AnyTrans for iOSをダウンロードして、無料でAndroid(すべてのAndroidデバイスを支持)からiPhone 8/iPhone 7/iPhone 6sにデータを移行しましょう!

Step 1: AnyTrans for iOSをパソコンにインストール&起動 > 任意のAndroidスマホとiPhone 7をUSBケーブルでPCに接続 > 上のアイコンをクリック > 「iOSへ」を選択します。

AndroidからiPhone 8&iPhone 7&iPhone 6sにデータを移行する方法

AndroidからiPhone 8&iPhone 7&iPhone 6sにデータを移行する方法

Step 2: 対象デバイスを確認 > iPhone 7に移行したいデータをクリック > 「次へ」ボタンをクリックしたら、AndroidからiPhone 7/8にデータを移行しました。

AndroidからiPhone 8&iPhone 7&iPhone 6sにデータを移行する方法

AndroidからiPhone 8&iPhone 7&iPhone 6sにデータを移行する方法

おすすめ記事:iPhoneからAndroidに写真を転送する方法

最後に

それで、わずかのステップでAndroidからiPhoneに機種変更する際、データを安全かつ迅速に移行しました。そして、このソフトは以下の優れた点もあります:

1、動画ダウンロード(無料)、iCloud管理(一部無料)、iTunes管理、PC/iTunes/iCloudとiOS端末間でデータ転送などの機能もある

2、購入後、返金保証が付く

2、永久無料サポート

3、永久無料アップグレード

如何でしょう?今すぐAnyTrans for iOSをダウンロードして試してみませんか。もしこの記事について共感があるなら、Facebook、Google+などにシェアしてください。

また、AnyTrans for iOSとMove to iOS、どちらを使うか迷っているなら、次のAnyTrans for iOSとMove to iOSの比較表をご参考ください:

比較項目 AnyTrans for iOS Move to iOS
対応機種 ◆iOS:全機種に対応
◆Android:4.0 以降
◆iOS 9 以降
◆iPhone 5 以降
◆iPad 第 4 世代以降
◆iPad mini 第 2 世代以降
◆iPod touch 第 6 世代
◆Android バージョン 4.0 以降
サポートされているファイルの種類 音楽、ビデオ、写真、連絡先、メッセージ、カレンダー、通話記録、ブック、圧縮ファイル、文書ファイル、着信音 連絡先、メッセージ、カレンダー、カメラで撮った写真とビデオ、ブックマーク、Googleアカウント
移動方向 ◆AndroidからiOSへ
◆AndroidからiTunesへ
◆AndroidからiCloudへ
◆AndroidからiOSへ
初期化が必要なのか 初期化の操作はしない iPhone、iPadで「すべてのコンテンツと設定消去(初期化)」を実施の上、Android搭載のスマートフォンからデータを移行する必要がある
安定性 安定性ではAnyTrans for iOSの方がいいように感じる なんどやっても途中でWi-Fiが切れることが多く 、データ破損に十分ご注意ください
特定のファイルを移行 √(他の類似ソフトもできない) ×
範囲選択 ファイルの複数選択&一括選択ができる データの種類を選択できるが、特定のファイルを選択できない
写真 ◆カメラで撮った写真とビデオ、壁紙、スクリーンショット、ネットやアプリからダウンロードされた画像など多数の写真が移行できる
◆写真を複数選択して移すことができる
◆カメラで撮った写真とビデオのみが移行できる
◆写真の移行に失敗したことがある
◆写真のデータ量が多いと時間がかかる
メッセージ 通知メッセージも移行てきる 通知メッセージが移行てきない
フォーマット変換機能 転送中、Androidの音楽とビデオを自動的にiOSデバイス対応のフォーマットに変換する 音楽とビデオが転送されても、フォーマットがiOSデバイスで再生できないことも多い
変換可能なファイル形式 ◆音声ファイル:
mp3,flac,m4a,wav,mka,amr,acc,ape,ogg,wma
◆動画ファイル:
m4v,mp4,mov,wmv,flv,mkv,avi,webm,mpg
×
速度 移行するデータの内容によって異なるが、他方に比べて速度が全体的に速い 移行するデータ量が大きいと作業に時間がかかる
その他 転送中、着信や黒いスクリーンなどの外部要因が影響をおよぼさない 転送中、着信や黒いスクリーンなどの外部要因が影響をおよぼす
無料・有料 この機能は無料で、他の機能が有料(7日間無料で試用できる) 無料

関連記事:

ご意見・ご感想をお寄せください