iPhoneが充電画面から動かない原因と6つの対策まとめ

この記事では、iPhoneが充電画面から動かない問題を解決する対策を6つご紹介したいと思います。

作者の画像 ばくてい 最終更新日: 2021年11月25日

最近、一部のiPhoneの利用者から文句があります。デバイスを起動してみているとき、携帯電話は充電画面に止まってしまったということです。問題は、iPhoneをスタートしているとき、なかなか起動できなかったことです。それに、携帯電話はシャットダウンしては充電画面になり、充電画面になってはシャットダウンしました。そのようにずっと繰り返したいます。その状況になると、きっと非常に困っているでしょうね。ここでは、そのような問題に対する解決方法をいくつかご説明したいと思います。

iPhoneが充電画面に止まっている時の対策

1、質のより良いケーブルで充電します。

皆様も知っているように、iPhoneのもとづめのケーブルは非常に壊れやすいので、質のより良いケーブルを変更し、新しく変更されたケーブルで充電してみましょうか。

2、iPhoneをシャットダウンすることで、充電の画面から解除します。

携帯電話の電量が足りないこともiPhoneを充電画面に止まらせる可能性があります。ですから、直接にご自分のiPhoneを100%まで充電することはこのような問題を解決できるかもしれないです。ですが、ここで注意して欲しいのは、デバイスを再び充電する前に、必ず携帯電話がシャットダウンするまで、電量の残った分を完全に使うことです。そのあと、再び充電できます。普通、その対策でiPhoneの電量を100%まで充電し、リスタートするのは大変時間がかかります。ただし、その方法はデバイスの充電が可能な時だけ効きます。もし携帯電話に充電しても全然できないと、ほかの方法で試したほうが良いです。

3、新しいバッテリーを手に入れます。

充電することを繰り返すことはスマホのバッテリーに磨損を与え、その容量を下げることももたらすかもしれないです。ときどき、壊された、または故障のあるバッテリーはiPhoneが充電画面から動かない原因になります。その場合になると、新しいバッテリーを買い、携帯に取り上げることだけが有効的です。

4、iTunesでiPhoneをリストアします。

一つのリカバリモードとして、DFUモードはiPhoneに関するそのような問題を解決するには効果がとても良いです。技術的な面から見ると、iTunesでiPhoneをリストアすることは数多くのiOSシステムに関する問題を解決することができます。もしiPhoneはずっと充電画面に止まっており、その悪循環を繰り返すと、DFUモードを利用したことで試したらどうでしょうか。以下は具体的な手順です。

ステップ1 USBケーブルでデバイスをパソコンに繋げます。

ステップ2 iPhoneをDFUモードにします。iTunesは自動的にユーザー様のiPhoneを発見できるので、「OK」というボタンをクッリクすれば良いです。

ステップ3 iPhoneが成功にDFUモードに入ったあと、通知メッセージが出てくるので、それにある「リストアします」という項目をクッリクします。あと、しばらく待つと、iPhoneの充電画面に止まっている問題は順調に解決できるかもしれないです。

5、アプリを利用することでそのような問題を解決します。

普通、iPhoneは充電画面から動かなくなったことはハードウェア関連の問題ではないですから、家で簡単に解決できると思います。もし、以上書いた方法は全部ダメだと、ここで「AnyFix」というソフトウェアはおすすめです。

「AnyFix」とは、iOSシステムをリペアするツールであり、多くのiOSシステムに関する問題を解決するのにとても役立てるアプリです。iPhoneが充電画面から動かない問題のほか、130以上のiOSシステム問題と200以上のiTunes問題も高効率で直せます。

もし、ユーザー様の携帯は充電画面から動かなくなると、今すぐAnyFixをダウンロードして、以下の手順に従って操作してみてください。

ステップ1 AnyFixをダウロードし、パソコンで開きます。あと、それをスマホに繋げ、画面のトップにある「システム修復」を選びます。

無料ダウンロード(Win版) Windows全般で動作可能 無料ダウンロード(Mac版) Mac全般で動作可能

無料体験ウイルス検査済み

「システム修復」を選択

「システム修復」を選択

ステップ2 「iPhone上の50+の問題」をクリックし、「今すぐ修復」をクリックします。

「今すぐ修復」をクリック

「今すぐ修復」をクリック

ステップ3 AnyFixでは三つのモードがあり、ここでは「標準モード」を勧めます。データが失われる心配はないですから。

「標準モード」を選択

「標準モード」を選択

ステップ 4、ファームウェアをダウンロードをダウンロードします。ダウンロードが完了したら、「今すぐ修復」をクリックします。

「今すぐ修復」ボタンをクリック

「今すぐ修復」ボタンをクリック

ステップ 5、修復完了後、iPhoneの問題も解決されます。

修復完了

修復完了

6、アップルサポートと連絡します。

もし以上の方法は全然効かなかったら、アップルサポートに連絡することも有効な方法だと思います。オンラインでサポートリクエストをスタートすることのほうが時間が省けます。

まとめ

実は、iPhoneが充電画面から動かない問題は極めて普通な問題なので、以上のように書いたやり方はそのような問題を高い効率で解決するのに十分だと思います。もし、ユーザー様はその問題に遭遇すると、とりあえず携帯電話本体にいろいろ工夫します。またスマホのアクセサリーなどへの考えも含めましょう。最後に、「AnyFix」というソフトウェアを使うことも考えられます。ご自由にお試しください。

作者の画像
ばくてい Twitter Share Facebook Share

iOS&Androidデバイスの愛好者として、デバイスの使用をもっと便利にする裏技について色々書いています。

Topへ戻るアイコン