iOS 14でクラッシュする不具合の解決方法

iOS 14/13でiPhoneやアプリがクラッシュすると、どうすればいいでしょうか?iOS 14でクラッシュを繰り返して、デバイスも使えなくなっています。困っていましょう。そのため、このガイドはiOS 14/13でクラッシュする不具合の解決方法をご紹介します。

ばくてい 最終更新日: 2020年09月17日

「iOS 14にアップデートして、iOSデバイスやアプリがクラッシュします。」というと声が続々と報告されています。iPhone/iPad/iPod touchがクラッシュすると、正常に使えなくて、悩んでいます。また、ミュージックやSafariなどのアプリを起動したいですが、クラッシュしました。非常に大変でしょう。

なので、iOS 14でクラッシュする不具合の解決方法をいくつかご紹介します。

iOS 14でクラッシュする不具合の解決方法

iOS 14でクラッシュする不具合は以下のようなものがあります。

  • アニ文字を使うと、メッセージアプリが強制終了する
  • アプリが落ちる、画像が表示されない
  • SNSアプリの通知が来ない
  • バックグラウンドプログラムの終了
  • 特定の文字列を表示するとフリーズしたりクラッシュしたりする
  • ホーム画面を管理するソフトウェアがクラッシュする
  • iOS 14へアップデート後、アプリが重くなる

以上のことがあったら、本記事の方法を試してやってみてください。

対策1:iPhoneを再起動する

iPhone 11/XR/XS/Xの場合:

①スライダが表示されるまでサイドボタンと音量調節ボタンを押し続けます。

②スライダをドラッグして、iPhone 11/XR/XS/Xの電源を完全に切ります。

③サイドボタンをもう一度、Appleロゴが表示されるまで押し続けます。

iPhone 8 以前、iPad、iPod touch の場合:

①サイドボタンを、スライダが表示されるまで押し続けます。

②スライダをドラッグしてデバイスの電源を完全に切ります。

③上部のボタン (またはサイドボタン) を再び、Appleロゴが表示されるまで押し続けます。

iOS 13でクラッシュする不具合の解決方法 1

iOS 14でクラッシュする不具合の解決方法 1

対策2:アプリを再起動・再インストールする

実行しているアプリを徹底的に終了させて、再起動してみましょう。

また、どうしても起動できないなら、Appを再インストールしてみてください。

対策3:SNSアカウントから一度サインアウトして、再度サインインする

もし、一部分のSNSアプリの通知が来ないと、アカウントから一度サインアウトして、再度サインインすることをおすすめします。

また、iPhone側でアプリの「通知を許可」をオンにします。

iOS 13でクラッシュする不具合の解決方法 2

iOS 14でクラッシュする不具合の解決方法 2

LINEの通知が来ない時の原因&対処法

対策4:前のバージョンにダウングレードする

iOS 14では不具合やバグによる、クラッシュ、フリーズなどの報告がたくさんあります。更に、お使いのiPhoneやiPadをiOS 14 にアップデートした後多くの機能が順調に利用できなくなるケースも多いです。それで、iOS 14から前のバージョンにダウングレードすると、iOS 14のクラッシュが改善できるかもしれません。

iOS 14からiOS 13にダウングレードする方法

対策5:PhoneRescue for iOSでiOSデバイスを復元する

もし、以上の方法を試しも解決できない場合、iOSデータ復元ソフト – PhoneRescue for iOS を使用することをおススメします。PhoneRescue for iOSは「標準モード」、「高級モード」2つのモードをご提供して、クラッシュ、フリーズ、文鎮化が発生する問題の修復に役立ちます。

さて、今すぐこのツールをダウンロードして、アップデート中にフリーズした不具合・バグを解決してみましょう!

「iOS修復ツール」機能を選択

「iOS修復ツール」機能を選択

最後に

以上はiOS 14では不具合やバグによるクラッシュの解決方法です。いかがでしょうか?もし、お使いのiPhone/iPad/iPod touchをiOS 14へアップデート中/後、クラッシュしたら、ぜひこの記事を参考してください。

また、もしこの記事がお役に立ちましたら、TwitterやFacebookでシェアをお願いします。

ばくてい

iOS&Androidデバイスの愛好者として、デバイスの使用をもっと便利にする裏技について色々書いています。