Apple IDロックの解除ツールの比較一覧

ここでは4つのApple IDロックの解除ツールを調査して、各ツールのデメリットとメリットを詳しく説明することで紹介します。

作者の画像 ばくてい 最終更新日: 2021年10月20日

iOSシステムの安全性がとても高いため、Apple IDのロック解除はパスワードなしに解除することは決して易しいこととは言えません。それで、Apple IDのロック画面を解除する際に、多くの人は専門ツールを使用することで解除します。

今の時点で、iOSシステムの問題を解除するために、ネット上には多くのApple ID画面ロックのソフトツールを選択できます。ただし、多くのソフトツールが選択できるため、どのソフトツールが自分に最適なのかを調べるのが時間かかります。

それで、本記事は今の時点で5選の大人気のツールのメリットとデメリットを比較することで紹介します。本記事を参考して、最適なツールを選んでみてください。

Part 1:iPhoneのApple IDロックを解除できるソフトの比較

それでは、まず、iPhone向けのApple IDロック解除ソフトを厳選しておすすめの4つソフトを個別でご紹介します。

ツール1. AnyUnlock

基本情報:

最初に紹介するのは AnyUnlockというツールです。AnyUnlock-iPhoneパスワード解除はiPhone/iPad/iPod向け専用のパスワード解除ソフトで、Apple IDの削除、画面ロックの解除、スクリーンタイムパスワードの解除、iTunesバックアップ暗号化の解析、MDMのバイパスなどの機能が搭載されています。簡単な操作で利用できますから、初心者でも楽に利用できます。

メリット:

  • 画面ロックのすべてのケースを解決できます。
  • 60日間返金保証があります。
  • お問い合わせのメールサポートを利用できます。
  • 成功率がとても高いです。
  • パソコンや技術知識が知らなくても簡単に操作できます。
  • iTunesのバックアップ暗号化解析やパスワード管理などの機能も多く備えています。

デメリット:

iTunesのアプリをパソコンにダウンロードしないと、画面ロックを解除する機能を利用できない可能性があります。

それでは、今すぐAnyUnlockをダウンロードして体験しましょう!

無料ダウンロード(Win版) Windows全般で動作可能 無料ダウンロード(Mac版) Mac全般で動作可能

無料体験ウイルス検査済み

Apple認定開発者によって開発されたツール – AnyUnlockにウイルス、広告、スパイウェア、マルウェアなどの有害なものは一切含まれていません。

「Apple IDを削除」をクリック

「Apple IDを削除」をクリック

  1. Apple IDを解除後、デバイスのコンテンツと設定を消去したり、iTunesを使って復元したりしないでください。消去や復元すると、再起動後にデバイスをアクティブ化するには元のAppleIDが必要のため、AnyUnlock経由でApple IDを再度削除することができません。ご了承ください。
  2. 「iPhoneを探す」がオフになっている場合、すべてのデバイスからApple IDを削除でき、データ紛失もありません。
  3. 「iPhoneを探す」がオンになっている場合:
    • iOS10.2~iOS11.4のデバイスで、Apple IDを削除でき、データをなくす恐れもありません。
    • iOS 10.2以前のデバイスで、Apple IDを削除できますが、データは消去されます。
    • iOS12.0以降のデバイスで、Apple IDを削除できません。

AnyUnlockの使い方

>iPhoneのパスコードを忘れた場合の対策

>iPhoneで機能制限・スクリーンタイムを解除する方法

>Apple IDのロックを解除する方法

>iTunesバックアップのパスワードを忘れた時の対策

>iPhone/iPadのMDMプロファイルを削除する方法

ツール2. EaseUs MobiUnlock

EaseUs MobiUnlock

EaseUs MobiUnlock

基本情報:

EaseUS MobiUnlockはEaseUSから開発したiPhone/iPad/iPod向けのロック解除ツールです。しかし、Windowsのみ対応していますから、Macユーザーなら他のツールを選択する必要があります。

メリット:

  • iPhoneやiPadなど全種類の機種だけではなく、システムの古いバージョンのスマホでも1クリックでパスワードを解除できます。
  • Face IDやTouch ID、コード解除などのロック種類を対応できます。
  • とても簡単なソフトツールで、複雑な手順がなくて、パソコン初心者でも簡単に使いこなすことができます。
  • 画面ロックの解除プロセスは簡単で効率的に問題を解決できます。

デメリット:

  • EaseUs MobiUnlockを利用すると、デバイスのパスワードのすべてのデータが消えてしまいますので、再設定する必要があります。
  • 場合によって、パスワードを解除できない可能性があります。

ツール3. UkeySoft Unlocker

UkeySoft Unlocker

UkeySoft Unlocker

基本情報:

UkeySoft UnlockerはUkeySoftから開発したiPhone / iPad / iPodのロックされた画面またはAppleIDのロックを解除するための1つのキーです。

メリット:

  • iOSシステムだけでなく、WindowsやMacなども対応できます。
  • 画面ロックを解除する機能があるだけでなく、Apple IDやiTunes IDなどのパスワードを簡単に削除することができます。
  • 返金ポリシーが用意されています。

デメリット:

  • 端末にソフトウェアを最新のバージョンに更新しないと、UkeySoft Unlockerを利用できません。
  • ロックを解除したいデバイスにiTunesをダウンロードする必要があります。

ツール4. iMyFone LockWiper

iMyFone LockWiper

iMyFone LockWiper

基本情報:

iMyFone LockWiperを利用すると、パスコード/Face ID、Apple ID、MDMロック、スクリーンタイムパスコードを削除することができます。

メリット:

  • 簡単なプロセスでエラーをクリーンアップするように画面ロックを解除できます。
  • iPhoneのパスワードを入力しなくてもAppleIDを削除できます。
  • 試用版で自分のデバイスがロック解除できるかどうかを確認できます。

デメリット:

  • iPhoneのすべてのコンテンツと設定のデータは削除されますので、再設定する必要があります。
  • 最新のiOSバージョンに更新したデバイスがiMyFone LockWiperを利用できない可能性があります。

Part 2:iPhoneロック解除ソフトの比較表

以上は4つのおすすめしたいiPhoneのApple IDロック解除ソフトの基本情報です。では、どちらのiPhoneロック解除業者を選択したほうがいいですか?次は、この4つのソフトを比較してみます:

AnyUnlock UkeySoft Unlocker LockWiper MobiUnlock
画面ロックを解除
Apple IDを削除
スクリーンタイムのパスコードを解除
MDMのバイパス
iTunesバックアップの暗号化を解除
iTunesバックアップのパスワードを復元
iOSパスワード管理
対応OS Win/Mac Win/Mac Win/Mac Windowsのみ
価格(年間プラン) 4378(税込) 7550(税込) 4980(税込) 5269(税込)
返金保障 60日間の返金保証 30日間の返金保証 30日間の返金保証 30日間の返金保証
無料版 無料体験

まとめ

本記事はAppleデバイスを向けに画面ロックを解除する様々なツールを紹介しました。ツールは多くありますが、すべてのツールの操作は簡単で多くの機種が対応できます。しかし、これらのツールは自分のデメリットとメリットがあります、これらのデメリットとメリットを比較しながら、自分に最適なツールを選んでみてください。

本記事がお好きになれば、ご家族やお友達にシェアでお願いします。ありがとうございます。

作者の画像
ばくてい Twitter Share Facebook Share

iOS&Androidデバイスの愛好者として、デバイスの使用をもっと便利にする裏技について色々書いています。

Topへ戻るアイコン