【iPhone向け】メモのパスワードを忘れた場合の対処法

iPhoneのメモをロックを設定して、個人情報を安全に保護できます。しかし、長時間Face IDまたはまたは Touch ID でロックを解除しますが、メモのパスワードを忘れてしまいました。メモのロックを忘れた時、どうすればいいですか?この問題を解決するために、以下の内容でリセットしてください。

作者の画像 ばくてい 最終更新日: 2022年08月25日

iPhoneのメモアプリによって、いつでも大切な情報を記入できるだけでなく、メールの下書きや写真などでもメモ帳に保存することが可能です。しかし、仕事のデータや重要な情報についての活用になると、やはりセキュリティー面の不安が感じられる方が少なくないようです。実は、このような場面に備えるため、メモアプリはパスワードでのロック機能が完備されています。他の人に見られたら困るような大切な情報なら、ロックをかけておくことがお勧めです。

でも、メモのパスワードを忘れてしまい、iPhoneのメモロックが解除できない時はどうすればいいでしょうか。今回はその時の対処法について説明します。

iPhoneのロック画面がスワイプできないときの原因と対処法

-Part1. iPhoneのメモにロックをかける方法

メモにロックをかけるため、まずパスワードを設定する必要があります。なので、ロックのパスワードを設定する方法について紹介しましょう。

a.「設定」アプリを開いて、「メモ」へと進みます。

iPhoneのメモにロックをかける方法

iPhoneのメモにロックをかける方法

b.「パスワード」をタップしてください。

iPhoneのメモにロックをかける方法

iPhoneのメモにロックをかける方法

c.「パスワードを設定」画面に入りますので、そこでメモ用のパスワードを作成してから「完了」を押してください。

*一度「完了」をタップすると、「ヒントを入力することを強くお勧めします。」が表示されます。ヒントを入力しないと、もう一度「完了」をタップしてください。

iPhoneのメモにロックをかける方法

iPhoneのメモにロックをかける方法

パスワードの設定が終わっても、メモにロックをかけたというわけではないので、下記にてメモアプリでの操作も行いましょう。

a. メモを開き、右上の三点リーダアイコンをタップします。

メモでロックを設定

メモでロックを設定

b. 「ロック」アイコンを押します。

メモでロックを設定

メモでロックを設定

c.パスワード’を入力して設定してください。もし、事前で「設定」アプリからパスワードを設定したら、Face IDまたはまたは Touch IDで認証したら、メモにロックがかけられます。メモの右上に位置する鍵マークが表示されたら、パスワードの設定も完了します。

メモでロックを設定

メモでロックを設定

メモの一覧表を確認しても、下記のように「ロックあり」と表示されます。

メモでロックを設定

メモでロックを設定

-Part2. メモロックのパスワードを忘れた場合の対処法

もしiPhoneメモのパスワードを忘れた場合、Touch IDやFace IDによってロック解除することができますが、予めパスワードを作成している時点で、Touch IDをオンにする必要があります。そうすることによって、例えパスワードを入力しなくても、簡単にメモにアクセスできます。

メモのロックを解除

メモのロックを解除

でも、Touch IDを設定していない場合、iPhoneのメモパスワードを忘れた場合、どうすればいいでしょうか。下記二つの方法をご紹介します。

① メモのパスワードをリセットする

実際、Touch IDやFace IDを有効にしていないと、パスワードを完全に忘れてしまったら、当メモのロックを解除することはできません。また、ロックされたメモへのアクセスをAppleでお手伝いすることもできません。

ただし、iPhoneのメモパスワードをリセットして新しいパスワードを作成することが可能です。では、パスワードをリセットする方法を説明します。

a. 「設定」アプリを開き、「メモ」から「パスワード」の順に進んでください。

b. 変更したいメモアカウントを選択し、「パスワードをリセット」をタップします。

メモのパスワードを忘れた

メモのパスワードを忘れた

c.Apple ID のパスワードを入力して、「OK」をタップします。

メモのパスワードを忘れた

メモのパスワードを忘れた

d.もう一度「パスワードをリセット」をタップします。

e.次の画面で新しいパスワードを設定します。

iPhoneメモのパスワードを忘れた

iPhoneメモのパスワードを忘れた

f.新しいパスワードとそのヒントを入力します。「完了」をタップします。

こうやって、iPhoneのメモパスワードをリセットしましたが、以前にロックされたメモにアクセスできるわけではありません。ただ、新たに作成したメモはこの新しいパスワードによって保護可能ということで、その点に注意しておいてください。

② AnyUnlockでiPhoneのロックを解除する

上記紹介した通り、パスワードをリセットして新しいパスワードの設定は可能ですが、以前作ったメモはまだ古いパスワードが必要なので、その内容を見るのは不可能です。

それではAnyUnlockというツールを紹介したいと思います。このAnyUnlockを使って、iPhoneの画面ロック、スクリーンタイムパスコード、Apple IDとiCloudアカウントの削除だけでなく、iOSデバイスに保存されているパスワードの管理までできるとても便利なツールです。そのため、万が一メモのパスワードを忘れてもこのAnyUnlockで簡単にロック解除できます。

では、操作手順を以下のように紹介します。

無料ダウンロード(Win版)  Windows全般で動作可能 無料ダウンロード(Mac版)  Mac全般で動作可能

無料体験ウイルス検査済み

a. AnyUnlockをパソコンにダウンロードして起動します。そして、「iOSパスワード管理」を選択してください。

「iOSパスワード管理」をクリック

「iOSパスワード管理」をクリック

b. USBケーブルでiPhoneをパソコンに接続します。デバイスが認識されたら、次の画面が表示されます。

「スキャン」ボタンをクリック

「スキャン」ボタンをクリック

c. 画面下にある「スキャン」をタップして、PCへのバックアップが必要なパスコードを設定して、「続き」をクリックします。

パスコードを設定

パスコードを設定

d. しばらくお待ちください。

e. バックアップが完了したら、iPhoneのメモロックに設定したパスワードが次の画面で確認できます。必要なアイテムを選択したら「出力」をタップします。

iPhoneのパスワードを確認・出力

iPhoneのパスワードを確認・出力

まとめ

今回はiPhoneのメモロックを忘れた時の対策を二つ紹介しました。でも、パスワードはリセットできますが、以前仕掛けたロックも解除できるわけではありません。なので、TouchやFace IDを設定しておくことがお勧めです。

また、どうしてもiPhoneのメモロックを解除できなくなると、AnyUnlockを活用してください。AnyUnlockはiPhoneに保存されている全てのパスワードを検索できるので、メモのパスワードも簡単に取り戻せます。

作者の画像
ばくてい Twitter Share Facebook Share

iOS&Androidデバイスの愛好者として、デバイスの使用をもっと便利にする裏技について色々書いています。

Topへ戻るアイコン