iTunesでバックアップできない時の対処法

もし、以下の状況になったとしたら、この記事を読んでください:

  • セッションが失敗したため、xxのバックアップを作成できません;
  • iPhoneとのセッションを開始できなかったため、iTunes は iPhone をバックアップできませんでした;
  • バックアップは完了しましたが、一部のファイルはスキップされました;
  • このコンピュータは十分な空き領域が使用できないため、xxをバックアップできませんでした;
  • バックアップの作成を完了できません。バックアップフォルダの作成中にエラーが起きました;
  • コンピューターにバックアップを保存できなかったため、iPhone"××のiPhone"のバックアップを作成できませんでした;
  • ××がコンピュータから取り外されたためバックアップできませんでした;
  • iPhone・iPad・iPodを認識しません。

AnyTrans – 簡単にiPhone・iPod・iPadのデータをバックアップ

AnyTrans – iOS端末専用のデータバックアップ・転送ツール

あらかじめiPhone/iPad/iPod専用のデータバックアップ・転送・管理ツール – AnyTransをダウンロードしてください。すると、手軽にiPhone・iPad・iPodのデータをバックアップできます。

iPhone・iPad・iPodのデータをバックアップするには、いつもiTunes、或いはiCloudを使っていますね。より元の状態に復元するため、iTunesでバックアップすることをおすすめします。しかし、いつも順調にバックアップできるiTunesは、突然、エラーが出てきて、バックアップできませんでした。その時には、どうすれば良いのでしょうか?ここで、iTunesでバックアップできない場合の対策を5つご紹介します。

iTunesでバックアップできない時の対処法

方法1、お使いのiOSデバイス&パソコンを再起動する

何かしらの不具合が発生たら、再起動するのは定番です。iTunesでバックアップする時、手元のデバイスが認識されない場合、まずは、パソコンやスマホを再起動してください。

方法2、iTunesをアップデートする

iTunesのバージョンが古すぎて、バックアップ出来ないこともあります。その時には、iTunesをアップデートしてください:

iTunesを起動 > ヘルプをクリック > 「更新プログラムを確認」をクリック >  新しいバージョンのiTunesをダウンロードしてアップデートします。

iTunesでバックアップできない

iTunesでバックアップできない

Macの場合、Appleメニューバーから「iTunes」をクリック > アップデートを確認」を選択して、画面の指示に従って、最新バージョンのiTunesをインストールします。

方法3、古いバックアップデータを削除/移動する

バックアップ途中にケーブルを抜いていないのに、「iPhoneがコンピュータから取り外されたため、〇〇をバックアップできませんでした」と表示され、iTunesでバックアップできません。その場合、古いバックアップデータを削除(移動)すると改善されます。

iTunesを開く > 「編集」から「設定」をクリック > 「デバイス」をクリックして、今まで保存したバックアップデータが表示される > 削除したいデータを選択 > 「バックアップを削除」をクリックして、古いバックアップデータを削除しました。(もし削除するのは怖かったら、「Finderで表示」をクリックして、デスクトップにドラッグしてください。)

iTunesでバックアップできない-方法3

iTunesでバックアップできない-方法3

方法4、セキュリティソフトを一時的に無効にする

他社製のセキュリティソフトが原因で、iTunes から Apple のサーバやデバイスに接続できなくなって、iTunesでバックアップできないケースもあります。その時には、他社製のセキュリティソフトを一時的に無効にしてください。

方法5、不要なデータを削除する

パソコンの容量不足でiTunesでバックアップできない場合、PC上の不要なデータを削除すれば解決できます。

上記の方法でもiTunesでバックアップできない問題を解決できない場合、次の方法6を読んでください。

方法6、AnyTransでバックアップする

ITunesを使ってiPhone・iPad・iPodのデータをバックアップできなくなりましたら、AnyTransというiOSデバイス専用のデータバックアップ・転送ツールをおすすめします。なぜかというと?

  • 簡単にiPhone・iPad・iPodのデータをバックアップできます;
  • バックアップする前に、データをプレビュー&選択もできます;
  • 1分間に500枚の写真をバックアップできます;
  • ただ2ステップでiOS端末のデータをバックアップできて、特別の知識もいりません;
  • バックアップだけでなく、転送・追加・削除などの機能も備えています;
  • サポートするデータは写真、メッセージ、通話履歴、連絡先、音楽等の25種類のデータに達します。

ステップ1: AnyTransをダウンロード して起動 > お使いのデバイスをUSBケーブルでパソコンに接続 > ホーム画面で「パソコンへ」ボタンをクリックします。

iTunesでバックアップできない-方法6

iTunesでバックアップできない-方法6

ステップ2: バックアップしたいデータを選択 > 「次へ」ボタンをクリックすると、数分でお使いのiPhone・iPad・iPodのデータをパソコンにバックアップできます。

iTunesでバックアップできない-方法6

iTunesでバックアップできない-方法6

おすすめ記事: iPhone 7のメモをバックアップする3つのワザ>

最後に

以上はiTunesでバックアップできない時の対処法です。いかがでしょうか?また、もしこの記事について、何か質問等ございましたら、遠慮なくメールでご連絡ください

メールでのお問い合わせは、24時間以内に返信いたします。 メールでのお問い合わせ

ちょうらんげつ

編集者は,で、iMobieチームでHow-Toについての専門家です。

  • ユーザーの評価:
  • ダウンロード数:9000000
  • サイズ:3.54 MB
  • OS:Windows 10/8/7
    macOS Sierra/X 10.11/10/9/8
メインの機能であるファイルの転送、管理、バックアップを活用することで、Appleの携帯デバイスがさらに便利になります。
-Chris Smith
転送は比較的速いです。大容量の動画の転送もでき、好きな映画などをiOSデバイスで楽しみたい場合などに便利です。
-Softonic Team
AnyTrans4 – 手の痒いところまで届くiPhone管理ツール!AnyTransなら大事な音楽データやアプリのデータをエクスポートする事が出来ます。
-Ryo

関連記事

ご意見・ご感想をお寄せください