動作が遅いiOS 10端末を軽くする11の対処方法

動作が遅いiOS 10/10.1端末を軽くする11の対処方法

最終更新日:2016年10月27日

アップルは9月14日に、iOS 10のダウンロード提供を開始しました。iOS 10にはSiriの利用範囲拡大、マップアプリの刷新、ディープラーニングを使った写真アプリの検索機能、メッセージでアプリは多様な効果を搭載といった、iOS史上最大のアップデートが盛り込まれています。

しかし、よく調べてみると「iOS 10にアップデートしたら、なんだかiPhoneの動作がカクカクなって遅いな」と思っている方は結構多いようですね。特に、旧モデルのiPhone・iPad・iPod touchにiOS 10を入れると、動作が不安定になったり重くなったりする可能性が高いです。そこで今回は、動きが遅いiPhoneのiOS 10/10.1端末を軽くする対処方法を11個、ご紹介します。今すぐ確認してみましょう!

iOS 10
不要なAppバックグラウンド更新をオフにする 使っていないアプリを削除する 視覚効果(アニメーション効果)を完全にオフにする キーボードの予測変換をリセット Spotlight検索の対象を制限する 不要な位置情報サービスをオフにする バックグラウンドで動作しているアプリを終了する メモリの解放を行う(iOS 10端末の空き容量を確保する) 再起動&強制再起動 初期化 元のiOSにダウングレードする

1.不要なAppバックグラウンド更新をオフにする

iOS 10端末を軽くする方法 - アプリのバックグラウンド更新を閉じる

iOS 10端末を軽くする方法 - アプリのバックグラウンド更新を閉じる

「Appのバックグラウンド更新」機能は、使用していないアプリが情報を自動的に取得できるようにする状態です。Appのバックグラウンド更新を停止すると、iOS 10/10.1にアップデートした端末を軽くすることができます。そこで、あまり使わないアプリや、バックグラウンド更新が不要なアプリを個別にオフにするのがいいです。

手順:

1.動作が遅いiPhoneから「設定」をタップします;

2.「一般」から「Appのバックグラウンド更新」をタップします;

3.個別に設定する場合は、一番上の「Appのバックグラウンド更新」はオン(緑色)にした状態で、バックグラウンド更新が不要なアプリをオフ(白色)にしましょう。

ご注意:全てのアプリのバックグラウンド更新を停止する場合は、「Appのバックグラウンド更新」をオフ(白色)に設定しましょう。

2.使っていないアプリを削除する

お使いのiPhone・iPadでは、容量が大きくあまり使っていないアプリは大容量を占めているのかを確認してください。そうであれば、不要なアプリを削除することにより、重くなったiOS 10/10.1端末を軽くするのもオススメです。

手順:

1.「設定」アプリを開きます;

2.「一般」 > 「ストレージとiCloudの使用状況」 > 「ストレージを管理」の順番にタップします;

3.すべてのアプリが表示されるので、よく使っていない/スペースを大きく占有しているアプリ名をタップして削除します。

遅いiPhoneを軽くする方法 - 不要なアプリを削除する

遅いiPhoneを軽くする方法 - 不要なアプリを削除する

3.視覚効果(アニメーション効果)を完全にオフにする

遅いiPhoneを軽くする方法 - 視差効果を減らす

遅いiPhoneを軽くする方法 - 視差効果を減らす

視覚効果は快適でスムーズなエクスペリエンスをもたらしてくれますが、iOS 10/10.1端末にも負担をかけるため、iOS 10/10.1端末が遅くなった原因にもなります。視差効果をオフにした状態では、アプリを開閉時やロック画面を解除した時のアニメーションが全て無効化されるため、CPUへの負担は減り、電池消費も抑えられると思われます。

手順:

1.重いiPhoneで「設定」アプリを起動します;

2.「一般」 > 「アクセシビリティ」 > 「視差効果を減らす」の順番にタップします;

3.「視覚効果を減らす」を有効化(緑色)にします。

4.キーボードの予測変換をリセット

iOS 10にアップデートしたら遅い - キーボードの予測変換をリセット

iOS 10にアップデートしたら遅い - キーボードの予測変換をリセット

お使いのiOS 10/10.1端末のキーボードは、調子が悪いと感じることがありますか?iPhoneの予測文字変換機能が便利ですが、使えば使うほど学習機能によって蓄積される予測変換のデータが重くなっているのも事実です。さらに、プライベートな情報がばれてしまうことでもあります。そこで、定期的にキーボードの変換学習をリセットするのが必要です。

手順:

1.iOS 10/10.1を搭載したモデルで「設定」を押します;

2.「一般」 > 「リセット」 > 「キーボードの変換学習をリセット」と進みます;

3.パスワードを入力してから、「辞書をリセット」をタップして完了です。

5.Spotlight検索の対象を制限する

iOS 10にアップデートしたら遅い - Spotlight検索の対象を制限する

iOS 10にアップデートしたら遅い - Spotlight検索の対象を制限する

「Spotlight検索」を使えば、iPhone内に保存されている連絡先、アプリやメモなどのコンテンツをすぐ検索することができます。しかし、人によっては使わない機能や表示したくない情報もあるかと思います。その上、Spotlight検索はiPhoneが遅くなる原因になっているということが知っていますか?そんな時には、Spotlight検索の対象範囲を制限するのが効果的です。

手順:

1. 「設定」 > 「一般」 > 「Spotlight検索」と進みます;

2. 検索結果の項目が一覧表示され、検索結果から除外してもよいアプリのスイッチをオフにします。

ご注意:「Siriの検索候補」は、Siriがユーザーの好みや位置情報などを解析して検索候補を提示します。これも必要なければ無効化することで、動作改善に寄与する可能性があります。

6.不要な位置情報サービスをオフにする

遅いiPhoneを軽くする方法 - 位置情報サービスをオフにする

遅いiPhoneを軽くする方法 - 位置情報サービスをオフにする

近くにある喫茶店やレストランを探せる機能を使うには、位置情報サービスを有効にする必要があります。でも、不要な位置情報までオンになっていると、その分の位置情報を認識させるためにiPhoneの操作性に影響してきます。iPhoneを軽くしたり、バッテリーを長持ちさせたり、自分の居場所を保護したりするには、信頼できないアプリや不要な位置情報サービスはオフにしましょう!

手順:

1.「設定」 > 「プライバシー」 > 「位置情報サービス」の順番に選択していきます;

2.位置情報サービスを利用するアプリの一覧が表示されます。それぞれ個別にアプリをオフしていく場合は、変更したいアプリをタップして設定します;すべてのアプリに自分の位置情報を知らせたくない場合は、一番上の「位置情報サービス」をオフ(白色)にしましょう。

7.バックグラウンドで動作しているアプリを終了する

iOS 10端末を高速化させる方法 - バックグラウンドアプリを終了する

iOS 10端末を高速化させる方法 - バックグラウンドアプリを終了する

過去に起動した複数のアプリが終了されずに動作していると、iPhone/iPadのメモリが圧迫されてしまい、動作が重くなってしまいがちです。そこで、今使っていないのにiOS 10/10.1端末のバックグラウンドで動いているアプリを停止することがオススメです。

手順:

1.動作が遅いiPhone/iPadでホームボタンを2回連続で押します;

2.いま実行中のアプリが画面に表示されるので、アプリの画像を上にスワイプします。

8.メモリの解放を行う(iOS 10端末の空き容量を確保する)

PhoneCleanで遅いiPhoneのメモリを確保する

PhoneCleanで遅いiPhoneのメモリを確保する

無料ダウンロード 無料ダウンロード

iOS 10/10.1端末の反応が遅い/重いと感じている人、もしかしたらメモリの使いすぎが原因で動作に影響がでているのかもしれませんよ。ここでは、iPhoneのメモリを簡単に解放して空き容量を増やす方法を2つ紹介します:

1.iOS 10/10.1端末から音楽・動画・写真のような大容量ファイルを削除します。

音楽などのメディアファイルがいつも大きなスペースを占めています。iPhone/iPad/iPod touch上の写真、ビデオ、音楽をパソコンにバックアップして削除することで、iOS 10/10.1端末の空き容量を確保することができます。

2.(音楽・写真・動画を削除したくない場合)サードパーティ製のiOSデバイスクリーニングツールを利用します。

PhoneCleanという専用のクリーニングツールを使い、ジャンクファイルを徹底的に検出&クリーンアップすることで、iOS 10にアップデートした端末のメモリを解放することができます。

9.再起動&強制再起動

iOS 10端末を高速化させる方法 - 再起動

iOS 10端末を高速化させる方法 - 再起動

定期的に再起動を行うことで、不要なメモリがクリアされ、全体的に動作が速くなる場合があります。この方法は少々時間がかかって面倒ですが、かなりの効果があるはずです。iOS 10/10.1にアップデートしたiPhone・iPadを高速化させるために、次の作業を行いましょう。

再起動の方法:

1.iPhone本体右上のスリープ/スリープ解除ボタン(電源ボタン)を数秒押したままにします;

2.「スライドで電源をオフ」というボタンが画面に表示され、指でスライドして電源を完全に切ります;

3.デバイスの電源がオフになったら、Appleロゴが表示されるまでスリープ/スリープ解除ボタンを再び数秒間押したままにします。

強制的に再起動する方法:

スリープ/スリープ解除ボタンとホームボタンを同時に、Apple ロゴが表示されるまで 10 秒以上押し続けます。

通常の再起動と強制再起動は異なるので、ご注意ください。「強制再起動」:iPhone、iPad、または iPod touch が反応しなくなった場合に限り、最後の手段として、強制再起動をお試しください。

10.初期化

iPhoneの調子が悪くなったり、動作がやたら重いなと感じてサポートに相談すると「ご利用のiPhoneを初期化して工場出荷時に戻してください」とよく言われます。初期化とは、端末を購入時のクリアな状態にするのです。

- 以下の初期設定を行うと、データが完全に消去され、すべての設定が初期値に戻ります。十分ご注意ください。

- 必要なデータは必ず事前にバックアップを行ってください。バックアップ方法についてはこちらをご覧ください。

iOS 10端末を軽くする方法 - 初期化

iOS 10端末を軽くする方法 - 初期化

手順:

1.「設定」を開き、「一般」をタップします;

2.画面を下にスクロールして「リセット」を選択します;

3.「すべてのコンテンツと設定を消去」をタップします;

4.パスワードを設定している人は、パスワードを入力してください;

5.「iPhoneを消去」を押すと、iPhoneの初期化が開始されます;

6.その後は画面上の指示にしたがって操作(復元)してください。

初期化などでiPhoneのデータをうっかり紛失した場合、以下の記事をご参考にどうぞ:

iPhoneのメッセージを取り戻す方法 >

iOS 10端末のメモを復元するやり方 >

2つの方法でiPhoneから削除された連絡先を復元する >

11.元のiOSにダウングレードする

上記の方法を試してみたら、動作の遅い/重いiOS 10/10.1端末が前よりキビキビ動作するようになったと実感できるはずです。それでも端末の改善がみられない場合、お使いのiPhoneをダウングレードしましょう!詳しい手順については、下記の特集を参照してください。

関連:iOS 10.1からiOS 10.0.2にダウングレードする方法 >

最後に

以上、iOS 10/10.1端末を軽くする11個の方法です。上記の方法を実行すれば、iOS 10/10.1にアップデートしてから動作が重い・遅いiPhone/iPad/iPod touchを快適に使うことができます。また、iOS 10/10.1にアップデートした方に、ほかの不具合がございましたら、次の記事をご参考にどうぞ: iOS 10アップデートによる不具合と対処方法まとめ>

iPhone/iPadの紛失したデータは、PhoneRescueで簡単に復元できる!

  • バックアップを取っていない場合 - 「iOSデバイスからリカバリー」モードで復元可能
  • バックアップを取っていた場合 - 「iTunesバックアップからリカバリー」「iCloudからリカバリー」モードで復元可能
  • 「iOS修復ツール」 - iPhone/iPad/iPod touchの黒い画面、白い画面、クラッシュ画面、リンゴループや再起動を繰り返す症状を修復
  • iPhone・iPad内に直接復元 - PCだけでなく、データを直接iOSデバイスに戻すこともできる
  • 多種多様なデータ - メッセージ/連絡先/メモ/写真/カレンダー/Safariブックマーク/通話履歴などに対応
  • 個別復元 - 復元したいデータをピンポイントで選べる
  • プレビュー - 復元可能なデータやiTunes/iCloudバックアップデータが一覧で表示

ダウンロード詳細を見る

最後まで読んでくれてありがとうございます。本記事について、ご質問がございましたら、遠慮なくご連絡ください。もしあなたがこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。

iOS 10特集 - 関連記事:

ご意見・ご感想をお寄せください